« 菜の花と小さな海老 | トップページ | タイ料理のデモ »

2007年12月21日 (金)

大きな勘違い

毎日々、タイ料理だが俺は一向に気にしていない。日本の飯を
食いたいとも思わない。
「今日は外で昼飯を食わなくてはいけない」場合は
「久しぶりに食う和食だ。何にしようかな?」とちょっと考える。
そうすると牛丼か立ち食い蕎麦が食いたくなる。
ラーメンもカレーもいい。これも日本の典型的な昼食だ。
いわゆるB級グルメ食品が食いたくなる。
本膳とか懐石という料理は目出度い席で食うから美味いので
あって、普段の日はそんなものを
食いたいと思わない。貧乏人だからそう思うのかな?
そんなものは高いから、俺が毎日食える昼飯じゃない。
お金持ちの昼食は綺麗に飾りつけた懐石料理なのかな?
俺が美味いと思い、飽きがこないのはB級グルメ食品だ。
ヌチャナートはラーメンもカレーも嫌いだ。
タイのラーメンと違って日本のラーメンは量が多いから
ヌチャナートは嫌う。ヌチャナートはタイでも麺類をあまり好まない。
カレー料理が嫌いなのは、タイ人は色黒なインド人やインド料理
が嫌いだからだ。なにもヌチャナートに遠慮することはないのだが、
ラーメン・カレーは昼食候補から外れる。
野菜炒めライスとか焼き魚定食なんてものも候補に挙がってくる。

いつもタイ料理ばかりなので、ヌチャナートは俺が日本の飯を
食いたがっていると大きな勘違いをしている。
ビニール袋をぶら下げている。
「何を買ったんだい?また魚を買ったのだろう?」
魚が好きなヌチャナートは、自分が好きな魚を見つけると買って
くる。
「違うわ。サミイの好きなものよ」
「・・・・」
「当てて御覧なさい?」
「酒だろう」
「違うわ」
「肉かな?」
「違う!」ヌチャナートは可笑しそうに笑っている。

ビニール袋から取り出したものはアジフライ、クリームコロッケ、
かき揚げだった。日本人は揚げ物が好きだ。
ヌチャナートは俺も揚げ物を好むと思ってこれらを買ってきた。
どれもこれも綺麗で美味しそうに揚がっている。
ヌチャナートが気を使ってくれるのは嬉しい。でも俺はこのような
出来上がったものを買ってきて食べるのは嫌いだ。
真っ黒に焦げていてもいい。塩っぱくても甘すぎてもいい。
ウチで作った料理がいい。
揚げ物を見てため息をついた。
俺が喜ぶと思ったのに、喜ばないのでヌチャナートはきょとん
としている。

タイの食生活は自分で調理しないで、料理を買ってきて家で食
べるのが普通だ。日本ではこのように料理を買ってきて食べる
のは、手抜きとして蔑まされる。主婦失格の第一条件だ。
ヌチャナートは日本の食生活もタイの食生活と同じだと思っている?
店で料理を買って、家で食べるのは手抜きだなんて思っていない?
「美味しいでしょ?」
「美味しくない」
「なぁーんで?」
「愛が入っていない」
「・・・・・・」
俺にはヌチャナートが作ってくれる料理が一番うまい。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/20

|

« 菜の花と小さな海老 | トップページ | タイ料理のデモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9497895

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな勘違い:

« 菜の花と小さな海老 | トップページ | タイ料理のデモ »