« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

2007年3月27日 (火)

鰯の丸干し

新鮮な鰯は美味いが、古くなるとすぐに油がいかれて臭くなる。
鰯は大量に取れるので安い。安いから下等な魚にされている。
これは鰯にとって気の毒な話だ。
干物にする場合も、新鮮なうちに塩を振って干物にしたものは
堪えられないほどの旨味がある。

今朝の鰯の丸干しも新鮮なものを乾燥させたものだ。
焼いていると油がじゅうじゅうとたれる。
「ご飯、できたわよ。唐辛子いる。」鰯が焼きあがったようだ。
「うん」
「ウチの旦那はタイ人みたいなんだから。」
ぶつぶつ言いながらも唐辛子のタレを作ってくれた。
今日は、タレというより唐辛子の粉をナンプラでふやかした
だけだ。湿った唐辛子の粉と言ってもよい。

鰯の身を取ってご飯に乗せる。唐辛子も乗せて全部を混ぜ
合わせる。あまり魚を好まない俺だが、今日のこの味は格別に
美味いと思う。俺は箸で魚、唐辛子とご飯を混ぜて食べている。
ヌチャナートも同じ物を食べているが、ヌチャナートは指で混ぜ
合わせている。ああ、やはりタイ人なのだ。
焼いた干物の魚は指で千切りながらもち米と一緒に食べるの
がタイの田舎流だ。
この魚をもち米で食べたなら、もっと美味しい。
日本の米はタイの米と違って粘り気があるから、ちょっとタイの
風味に近いかもしれない。
ヌチャナートも鰯の丸干しを美味しそうに食べていた。
魚の好きなヌチャナートは頭の部分の肉も指で摘み出して
食べていた。魚が好きな人は魚の食べ方が上手だ。
そして残すところなく食べるので、食べた跡も綺麗だ。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスバインが

豚のすね肉があった。骨は付いてない、肉だけだ。
「ヌチャナート、こんな肉があるよ。」
「あらっ!そこは美味しいのよ。買いましょうよ。」
最近、日本の洋食屋で豚の骨付きのすね肉を煮込んだアイス
バインがでるようになった。骨を付けていなくても豚のすね肉を
つかった料理をドイツではアイスバインと言っているようだが、
日本の洋食屋では骨付き肉を煮込んだものをさしている。

ヌチャナートがドイツのアイスバインの味付けを知るはず
がない。このすね肉をどのように料理するのか楽しみだった。
すね肉を適当な大きさに切って、煮込んでいた。
ある程度煮込んだら味付けだ。
「ねえ、サミイ!ポローなかった?」
ポローというのはトンポーロ用の香辛料のことだ。ウチだけで
通じるタイ語だ。トンポーロ用の香辛料を探している。
五香粉と書かれた香辛料を取り出してあげる。
ヌチャナートは臭いで確かめてから五香を鍋に入れていた。R0018882
黒胡椒もペッパーミルで潰しながら鍋に入れた。

「野菜を食べるでしょ?何があるの?」
冷蔵庫を見ると菜の花と茄子があった。菜の花は季節の野菜だ。やさしい苦味が美味しい野菜だ。
こちらは茹で上げて水を切っただけだ。食事に緑の野菜があると楽しくなる。
すね肉も茹でた物を水切りして出してきた。

焙煎して粉にした唐辛子を大匙山盛り一杯とナンプラを入れた
ものがタレだ。R0018884 酢と唐辛子を混ぜたものも出してきた。
野菜やすね肉を唐辛子入りのタレに付けて食べる。

ヌチャナートにできるはずがないとわかっていたが、なんとなくドイツ風に味付けしたアイスバインを期待していた。それが全く違う味になっている。
こうやって食べる豚のすね肉も美味しいもんだ。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

外国の竹の子

タイの市場にグリーンアスパラがあった。グリーンアスパラは
俺の好物なんだ。それを買い求めたついでに、売っている
おばさんにアスパラのことをタイ語で何と言うのか聞いた。
「外国の竹の子というのよ」
「えっ!?・・・・・」R0018878
驚いて次の言葉がでなかった。
言われて見ればアスパラは竹の子のように見えないこともない。
面白い表現なので笑ってしまった。
このように印象を強く受けた単語はすぐに覚える。また忘れない。

今朝はアスパラを豚肉と炒めた。
ニンニクも一緒に炒めるので家中にニンニクの臭いが立ち込める。
生憎、オイスターソースを切らしてしまった。
オイスターソースがあるともっといい味になるのに残念。
新鮮なアスパラの緑色が綺麗で食欲をそそる。
好きな食い物を食べると幸せな気分になる。

クチコミblogランキング TREview

2007/2/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理の臭い

夕方、ヌチャナートと近所を散歩していた。
何処の家も夕飯の支度をしている。
美味しそうな臭いが漂ってきた。
「この臭い、なあに?」ヌチャナートが聞く。
醤油で何かを煮込んでいる臭いだ。
何を煮込んでいるのかわからない。
日本人にはこの臭いは食欲をそそる美味しそうな臭いだ。
外国人はこれを異臭と感じるだろう。
ただ単に異臭と感じるなら、問題がない。
「この臭いに耐えられない」と思ったなら日本に住むことができない。
日本中、何処に行ってもこの臭いが立ち込めるからだ。

「お料理の臭いね。ウチの料理の臭いも外に出て行くのね。」
「・・・・そうだね。」
「ご近所は臭いと思っているのかしら?」
「うん、そうだね」
ヌチャナートにとってナンプラやニンニクを炒める臭いは普通の
臭いなんだ。この臭いはヌチャナートにとっては食欲を刺激する
好い臭いだ。ご近所はこの臭いを異臭と感じているのではないか
と、ヌチャナートは気づいたようだ。

クチコミblogランキング TREview

2007・3・26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い箸

よく英国には料理がないがマナーがあるなんて聞く。
日本の食事の作法は英国以上に厳しいものがあるかもしれない。
俺はそれほどお行儀よく食べているわけではないから、食事の
作法についてとやかく言える立場ではない。

先日、タイ人が家に来て食事をした。
ヌチャナートが鶏肉の唐揚だか、ガイピンのような料理をだした。
タイ人は皿に盛られた鶏肉を箸で転がしながらお気に入りの肉
を捜していた。日本の食事作法ではこういうのを、たしか「迷い箸」
と言ってお行儀が悪いこととされている。
「迷い箸」ではなくて他の言葉だったかもしれない。
とりあえずここでは「迷い箸」としておこう。
俺は「迷い箸」を見るのが嫌なのではなくて、食べ物で遊んでいる
ように見えるのが嫌だった。タイ人にはこれは普通のことかなと
思いなおした。こんなことを思い出したからだ。

小学校の裏で魚の唐揚を売っている。小学生がその店で唐揚を
買う。どうやって小学生が唐揚を買うのかじっと見ていた。
小学生は指で唐揚をひっくり返したり、より分けている。
そして自分の好みの部位だか、大き目の肉を摘んで買って行った。
小学生は箸の代わりに指を使っていたが、これも一種の「迷い箸」
だと感じながら小学生を見ていた。

もしかするとタイ人には「迷い箸」という観念がないのかもしれない。
買う人、食う人には選ぶ権利があると考えるのだろうか?
それも一理ある。でも指で選ぶのは衛生的ではない。
タイの衛生観念が高まれば、こんな習慣も廃れるかもしれない。

クチコミblogランキング TREview

2007・3・26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レバー炒め

ヌチャナートが作るレバー炒めは、日本のラーメン屋などで食べ
るレバー炒めとはちょっと違う。醤油味ではない。ナンプラで味付
けしている。俺はあんまりレバーが好きでない。R0018876
肉なのに、柔らかい感触が面白くない。
独特な臭いも気に食わない。
ヌチャナートはレバーが大好きだ。
「サミイは食べなくてもいいのよ。あたしが食べるから」
そう言いながら一人で美味しそうにレバー炒めを食べている。
俺はレバー炒めを食べないのではない。
他に食べ物があれば、そっちを多く食べると言うだけだ。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »