« 2007年8月19日 - 2007年8月25日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »

2007年8月31日 (金)

わたりがにの缶詰

P1020337pct13 非常時の為に保存食として缶詰などを備蓄している。
缶詰を点検していたらわたりがにの缶詰があった。原産国はインドネシアとなっている。
身の少ないわたりがにを缶詰にするには相当な手作業が必要だ。
人件費の安い国でないと、こんな缶詰を作れない。
缶を手に取ってみてラベルが紙なので驚いた。
最近の缶詰は印刷缶だ。
印刷缶だとそれなりの利点がある。
まずラベル貼りの工程がいらない。
ラベルが剥がれることがないので、中身が何なのか分かりやすい。
印刷むら、色むらなどによる失敗作の無駄が高価になる。
印刷缶の場合、蟹缶に魚を入れることはできない。
製品ごとに缶を用意しなくてはいけない無駄がある。
紙のラベルの場合、印刷の失敗があっても安価だ。
蟹缶でも魚の缶でも同じ缶を使えるので缶の在庫が少なくてすむ。
空き缶の再利用でも紙ラベルなら悪いガスがでないが、印刷缶の場合インクが燃えて悪いガスが生じる。
昔ながらの紙ラベルの方が環境の面からみると優れている。

少し前までの缶詰は上下とも巻き締めになっていた。つまり缶の上と下が同じ形だった。
最近の缶は打ち抜き成型になっている。缶の上と下では形が違う。
ブリキ板に印刷をして型抜きをして茶筒のような形を作る。茶筒に物を詰めて蓋をする。
それが今の缶詰の工程だ。R0019101pct30

印刷に失敗したブリキ板を捨てるわけにはいかない。
タイで見たブリキ板の再利用はこんな形だった。
日本で言えば七輪の外側を失敗作のブリキ板で覆っていた。
日本語があったので面白いと感じ、写真を撮っておいた。

2007/8/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

卵焼きと魚の卵

P1020323pct13 ヌチャナートはタラコも明太子もイクラも筋子もキャビアも区別しない。全て魚の卵なのだ。本当はそれぞれ違った名前があるのだろうが、ヌチャナートは知らないか、俺に言ってもわからないから魚の卵ですませているのかもしれない。貧乏な俺のウチでは本物のキャビアなんて滅多に食べることはないが、見栄でキャビアと言ってみた。滅多にないということは、たまには食べることになる。うーん、それも殆ど嘘に近い。
最後に食べたのはソウルオリンピックの年かな?それはどうでもいい。
本題に入ろう。
「卵、食べるでしょ?茹でる?焼く?」
「焼いてくれ」偉そうに言う。
「魚の卵を入れる?」
「そうだね、入れてくれ」
今日の魚の卵はタラコだ。身が崩れた安いタラコだから、こういう時はいちいち身をほぐさなくてもいいので便利だ。
タラコの他に玉ねぎを入れた。材料は卵とタラコと玉ねぎだけだ。
これらをかき回して油をしいたフライパンにあけて焼くだけだ。
ちょっと風変わりなオムレツと言える。
旨いのだが、やはりこれだけでは物足りない。
「ヌー、ナムプリックが欲しいな」
ヌチャナートはナンプラに生唐辛子をいれて持ってきた。
唐辛子と一緒に卵焼きを食べると一層うま味が増す。
「ヌチャナート、この唐辛子はタイのものかい?」
「そうよ、辛いでしょ」
「うん、辛いね」
毎日、唐辛子を食べているから唐辛子の味の差が見えるようになったのかもしれない。
日本の唐辛子と違う味だ。
このような卵料理は何処の国でもあるからタイ料理とは言えないかもしれない。
ナンプラと唐辛子を使うからタイ料理かな。

2007/8/30

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

タイ風なめろう

P1020315pct13 この料理をヌチャナートはなんと言ったか忘れた。
それで俺は勝手にタイ風なめろうと呼ぶことにした。

漁師町には魚を叩いて味噌と混ぜ合わせたなめろうという料理がある。
なめろうを焼いたものをさんが焼という。
この料理はなめろうとさんが焼の中間みたいだ。
なめろうを作るには生の魚をたたく。
魚をたたくところは同じだが、この料理では生魚ではなくて焼き魚を使う。
今日は鯵を焼いた。
ニンニクや唐辛子も魚と一緒に焼く。
焼きあがったものを臼にいれてドンドンとつく。
全体がなめらかになったらおしまいだ。
これが辛いけどうまいんだ。
茹でた野菜にこのなめろうみたいなものを乗せて食べる。
ごはんにのせてもいい。
魚好きで辛い物を好む人なら間違いなく好きになる料理だ。
この味は日本にはない、タイ独特の味だ。

2007/8/28

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (1)

牛肉の空揚

P1020305pct13 あまりにも簡単な料理なので作り方の説明なんて不要だ。
牛肉を適当な大きさに切ってオイスターソースに漬け込んでおく。
それを油で揚げただけだ。
ヌチャナートに言わせると
「先日は日本の醤油で漬けこんだけど、今日はタイのソースで漬け込んだので
今日の肉の方が美味しい」
そうだ。

俺にはどちらの味も美味しい。
ナンプラと唐辛子をつけて食べる。この味でないとタイ人は食事だとは思わない。
毎日がタイ料理なので俺も自然にタイ人の食べ方になってしまった。
唐辛子の辛味がないと物足りないのだ。
辛い刺激で飯を食うという感じだな。
こんなにも唐辛子を食べてもいいものだろうか?
常々心配になる。俺が食べる唐辛子の量なんてタイ人に比べればタカがしれている。
唐辛子で胃腸がやられることはないはずだ。そう思いたい。
日本の料理は塩分が多いけど、タイ料理は塩分が少ない。
総合的に考えると日本の料理とタイの料理ではどっちが健康にいいのだろう?

2007/8/28

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卵スープ

P1020317pct13 鶏肉で出汁をとった吸い物に卵を落としたものだ。
これに春雨とトマトが入るところがタイ料理らしい。
見た目も綺麗な彩りだ。
中華料理、西洋料理で出される卵スープとほぼ同じだ。
春雨も出汁を吸い込んでいるから美味しいよ。

2007/8/28

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

オンヌア ビーフシチュウ

P1020300pct13

この料理をビーフシチュウと言っていいのかどうか分からない。
肉は牛肉だ。スープと言うには野菜が多いからシチュウというべきだろうな。
これがシチュウなら、オンヌアを英訳するとビーフシチュウになるよね。
日本語だったなら「ごった煮」かな????

緑の葉は唐辛子だ。ベランダで育てている唐辛子の葉を摘み取ってきた。
こんなことをするから唐辛子は背が伸びるだけで全く花が咲かない。
花が咲かないから実がならない。本当なら沢山の赤い唐辛子が出来ていてもおかしくない時期だ。

日本では唐辛子の葉はちょっと辛い佃煮にするだけだ。
ヌチャナートは唐辛子の葉をいろいろな料理に使う。
右の器と左の器では同じ料理に見えて違う物だ。
右は俺の飯で左がヌチャナートの飯だ。
見ただけでは何が違うのか分からない。
ヌチャナートの飯には胆汁が入っている。
俺には耐えられない苦味なのだが、ヌチャナートには快い苦味だ。

「こっちはあたしのよ。苦いわよ!」
ヌチャナートはちゃんと注意してくれた。
あの胆汁のとてつもない苦味を旨味と感じるようになるには修行が必要だ。

2007/8/27

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤムマクワ 茄子のサラダ

P1020296pct13_2

茄子が安いので買い込んできた。茄子なら幾らあっても困らない。
新鮮なうちに食いきれないと思ったものは漬物にすればいい。
ウチには糠床なんてないから糠漬けはできない。
塩漬けならできる。ヌチャナートに任せておけば、無駄にすることはない。

「茄子焼を食べる?」
和食で言えばナスのシギ焼だな。焼いた茄子の皮を剥いて
生醤油をかけて生姜と一緒に食べる。これはうまい。
大好きな料理なんだ。でもヌチャナートが言う茄子焼はシギ焼の
ような料理ではないはずだ。
どんな料理になるのか分からないが、とりあえず「うん」と言っておいた。

蒲鉾を取り出して薄く切っている。蒲鉾も茄子料理に使うらしい。
出来てきた料理を見ると、茄子を焼いて皮を剥いて食べやすい
大きさに切っている。
その上に蒲鉾の薄切りを乗せている。
ナンプラに酢と砂糖を入れたちょっと甘くて酸っぱいタレが
かかっている。少々唐辛子が入っているのかもしれないが、
唐辛子中毒?になっている舌では辛味を感じない。
和食のシギ焼とは違った美味さがある。茄子は口の中でとろっと
とろけてしまう。
甘くて酸っぱいタレが茄子の旨味を引き出してくれる。
蒲鉾もタレにつけて食べる。蒲鉾のシコシコとした感触が茄子の
感触といい対比をだしている。タレだけをスプーンですくってご飯
にかけた。こうやって食べるのもおいしーいよ。

クチコミblogランキング TREview 

2007/8/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムヤンクン

P1020295pct13 今日は日本人に一番お馴染みがあるタイ料理のトムヤンクンだ。
ウチで食べるだけだから有り合わせの器に料理を盛った。
友達や客人が来た時はこんな形ではお出ししない。
こん炉で鍋を温めながら食べる。
タイ料理店で出されるトムヤンクンの形は「よそ行き」の姿なんだ。
このように、器に盛ってだすのは「普段着」の姿と思えばいい。
日本のタイ料理店でも「普段着」の形でトムヤンクンを出す店もある。
大きな海老を使う店もあるが、小さな海老の方がうまい。
よく冷えたビールを飲みながら談笑していると、こん炉で温め続けた大きな海老は硬くなってしまうが、小さい海老は硬くならない。
適度に煮えた時は大きな海老の方がうまいが、だらしなく酔っ払った時には大きな海老はたいてい硬くなっている。

日本では鍋料理は寒い時の料理だ。
鍋を食べると身体が温まると俺達は信じている。
寒い時がないタイでは暑い中でトムヤンクンのような鍋料理を食べる。
冷房のない川沿いの店でトムヤンクンを食べても身体が熱くなるとは感じない。
何故だろう?
唐辛子が入っているからだろうか?

2007/8/26

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

長い豆

P1020248pct13 長い豆を戴いた。長い物は一メートル位になる。
インゲンの一種だと思う。
これでスップマクアという料理を作って食べた。
この豆と竹の子、茄子を叩き潰したものだ。
唐辛子は約束のように入っている。
最後にミントの葉を乗せて飾る。
ヌチャナートのお気に入り料理で一人でパクパク食べている。
最初は豆の生臭みが気になったが、食べているうちに気にならなくなった。
P1020288pct13 温かいご飯に乗せると食欲をそそる。
辛味と香りでご飯を食べてしまう。

2007/8/26

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚のすね肉

P1020283pct13  この料理をなんと呼ぶのか知らない。豚肉の野菜の合わせ煮とでもタイ語で呼ぶのだろう。
これも単純な料理だ。豚のすね肉とキャベツを煮込んだだけだ。
肉は柔らかになり、キャベツの甘味が出てくる。
適当な時期にすね肉とキャベツを取り出して皿に盛る。
豚のすね肉とキャベツはナンプラと唐辛子のタレをつけて食べる。
生のキャベツは大量に食べられない。煮込んだキャベツは柔らかで甘味があって沢山食べられる。
キャベツに唐辛子もいいもんだ。
肉と野菜を煮込んでいた水は美味しいスープになっている。
煮込んでいる最中からヌチャナートもこのスープの出来栄えに満足していた。
「ねえ、サミイ、スープの味見をしてよ!美味しいわよ!」
うん、確かにいい味がでている。
味を調えてスープとして食卓にのぼる。
スープの表面にはうっすらと油が浮いている。

日本のスーパーではあまりすね肉を単体で売っていない。
商店街の肉屋で時々、すね肉を売っているのを見かける。
すね肉を見かけると買って来る。
ドイツではアイスバインという料理にすね肉を使う。
ドイツ人のすね肉料理もうまいが、タイのすね肉料理も美味いもんだ。

2007/8/25

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月19日 - 2007年8月25日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »