« 大晦日のバーベキュー | トップページ | カリフラワーの牡蠣油炒め »

2008年1月 3日 (木)

コハダの粟漬

P1030806pct13

先日もこのことについて書いたが、写真がなかった。
今日は写真を撮ったので、改めて掲載する。

大晦日の夕方のことだ。このコハダがたたき売りに出ていた。
店としてはこれを正月になってから売ることは出来ないので、売り切りたい。
ヌチャナートはコハダが買いたいようだ。
俺はそれほど興味がない。
「ねえ、サミイ!あの魚を買いましょうよ」
「ヌーが好きなら、買えば。」
ヌーが好きなようにさせたが、俺が買おうと言わないのでヌーはコハダを買おうとはし
なかった。
他の買い物をしているうちに、ヌチャナートは自分でコハダを買いに行った。
どうしても買いたかったようだ。

正月のおせち料理にこの粟漬コハダをだした。
ヌチャナートはちょっとコハダを食べてそれ以上は食べない。
暫くたってからヌチャナートはぶすっと言った。
「あたしね、魚の卵だと思ったのよ。野菜だったのね」
そうとうがっかりしたようだ。
粟の黄色い卵を数の子だと思ったのだろう。
数の子がこんなに入っていて、この値段なら安いと勘違いしたのだろう。
俺は笑ってしまった。

俺達もタイで同じような間違いを犯す。
今、思い出す間違いの一つにソーセイジがある。
タイの路上でよくフランクフルトソーセイジを売っている。
俺達は無意識の内にドイツ式の味付けを期待している。
かぶりつくと中から肉と米粒がでてくる。
そして予想もしない酸味が口に広がる。
タイ式のソーセイジに目を白黒させる。

このような経験が外国へ行く楽しみなんだよね。

クチコミblogランキング TREview

2008・1・3

|

« 大晦日のバーベキュー | トップページ | カリフラワーの牡蠣油炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9700677

この記事へのトラックバック一覧です: コハダの粟漬:

« 大晦日のバーベキュー | トップページ | カリフラワーの牡蠣油炒め »