« 七草カオツム | トップページ | ゴイクン、生海老サラダ »

2008年1月 8日 (火)

タイ風湯豆腐

P1030838pct13

甘塩の鱈をヌチャナートが買ってきた。魚が好きなヌチャナートは
店に入るとまず魚部門を見に行く。
魚を見ながら料理を想像しているのだろうか、楽しそうな顔を
している。
「こんな魚を買ったのよ」見ると、鱈だった。
「食べる?」
俺は考えた?どうしよう?どうやって食べようか?
そうだ、湯豆腐にしよう。でもウチには豆腐なんてない。
「豆腐を買いに行って来るよ」
「ああ、それじゃあビールも買ってきてね」
お使いも頼まれてしまった。

今日は土鍋を使って湯豆腐を食べることにした。
こんな形の土鍋はタイにはない。
ヌチャナートは日本の土鍋の形が気に入っている。
型どおりの湯豆腐を作った。
鍋をやる時には日本人は必ず長ネギを使うことを経験で学んだ
ヌチャナートは長ネギを取り出していた。
「セロリもいる?」と聞いている。
湯豆腐にセロリという組み合わせは聞いたことがない。
煮込んで柔らかになったセロリは俺の好物だ。
「うん」
セロリも使うことにした。
ビールを飲みながら湯豆腐をつつく。
頂いたポン酢に入っている柚子の香りがいいとヌチャナートは
言う。ヌチャナートは魚を美味しそうに食べている。
どういうわけかポン酢の甘味が強く感じられた。
俺はナンプラと唐辛子をポン酢に加えた。
甘味が消え、唐辛子のピリッとした辛味を感じた。
「サミイはタイ人みたいね」
毎日、辛い料理を食べているので、唐辛子の辛味がないと物足
りなくなっている。これじゃあ、タイ風湯豆腐だな。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/7

|

« 七草カオツム | トップページ | ゴイクン、生海老サラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9771286

この記事へのトラックバック一覧です: タイ風湯豆腐:

» 冷やしすぎのビール [雑学博士になりたいっ!!,タイ風湯豆腐]
冷やしすぎるとビールの泡が少なくなってしまいます。ビールの泡は炭酸なのですが、溶け込む量が温度によって変わります。温度が高ければ、溶ける量がへり温度が低ければ、溶ける量が増えます。なので、冷やしすぎると出る泡の量が減ってしまうのです。... [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 07時25分

« 七草カオツム | トップページ | ゴイクン、生海老サラダ »