« パチャラミカオヌングブアイ | トップページ | 大晦日のバーベキュー »

2008年1月 1日 (火)

ウチのお節料理

大晦日だ。明日は正月だ。お節料理はなにもない。なにも作ってい
ない。俺が作ってもいいのだが、それも面倒だ。
買ってくればいい。込み合う店に行くのはイヤだ。
それに、「あれが食いたい、これが欲しい」と言う料理もない。
いつもタイ料理ばかりだから、日本の料理を忘れている。
日本には特定の行事には特定の食べ物を食べる風習がある。
正月には雑煮を食べ、端午の節句にはちまきを食べる。
タイにはそのような習慣はないみたいだ。

雑煮の材料があればいい。それと何品かの正月料理があればいい。
夕方6時を過ぎてから店に行った。正月用品の殆どは売り切れている。
売れ残ったものは叩き売りだ。それを狙って夕方に買い物にでた。

年越し蕎麦も大安売りだ。
もう、蕎麦は売り切れてなくなっていると思い、乾蕎麦を茹でてきたのを
後悔した。ヌチャナートは
「蕎麦は茹でなくてもいいわよ。店で茹で麺を買えばいいじゃない」
と言っていた。俺は
「売り切れているかもしれないよ」と言った。ヌーの言うことを聞いておけ
ばよかった。4束で1束分の値段になっているので、買わなきゃソンだ!
と思い茹で麺を買った。
別にソンするわけじゃないが、大安売りだとつい釣られて買ってしまう。

ウチには昔から使っている塗り物の重箱がある。
俺ん家のものだから高級品ではない。
しかし、今、これと同じものを買おうとしても買えない。
プラスチック製のものならこれよりも安くて綺麗なものが沢山あるが塗り物
の重箱はない。安物ながら、螺鈿細工がしてある。
子供の頃はそのきらきらと虹色に輝く貝を綺麗だと思って眺めていた。
この重箱は庶民が使っていた重箱として貴重な存在になりつつある。

蒲鉾だけは買いたかった。幸い蒲鉾は未だ売れ残っていたが値下げは
していない。他の品を見て、蒲鉾売り場に戻ったが値段は同じだった。
お雑煮は俺が作る。澄まし汁に焼餅をいれ、紅白の蒲鉾と三つ葉を浮か
せる簡単な奴だ。

雑煮に使う蒲鉾なんて量がしれている。当然、蒲鉾は残ってしまう。
正月が過ぎると蒲鉾をヌチャナートはヤムウンセンに使う。蒲鉾入りの
ヤムウンセンも美味い。小さな蒲鉾と鳴門、伊達巻など小さなものがセット
になっているものがあった。
これは便利だ。そのセット物を買った。これなら正月中に食べきれる。

ヌチャナートは小鮒の串刺し甘露煮が気に入ったようだ。
小さな魚が綺麗に並んでいる姿が面白いらしい。
味はヌチャナートの気に入らないはずだと思っていた。
黄色い粟に赤い唐辛子が散らしてあるコハダの酢漬けをヌチャナートは
求めた。どうやら彩が気に入ったようだ。銀色のコハダにこの色合いは
見て楽しい。

元日の朝だ。当然のようにヌチャナートは言う。
「サミイが朝ごはん作ってね!」
俺が雑煮を作っていると、ヌチャナートが起きだしてきた。
「魚をいれると美味しくなるわ」
魚?魚ってなんだ?
ヌチャナートは冷蔵庫からつみれを取り出した。
タイの屋台でラーメンを頼むと必ずつみれが入る。
ヌチャナートは雑煮の澄まし汁にもつみれを入れると美味くなると考えて
いる。タイ的発想だ。
俺の考えとちょっと違うが、まあいいっか。
俺が作った雑煮を「美味い」と言いながらヌチャナートは食べている。

ヌチャナートは伊達巻などは気に入らないようだ。
小鮒の甘露煮は、やはり、「甘い」と言っては食べない。思った通りだ。
これを白いご飯と一緒に食べるとちょうど良い味になるんだがな。
コハダもちょっと食べて、後は食べない。
なぜコハダを食べないのか、判った。
ヌチャナートは黄色い粟の粒を魚の卵だと思っていた。
多分、粟粒を数の子だと思ったのだろう。
「魚の卵だと思ったら、野菜なのね!」と、
ややむっとした表情だった。
俺はにやっと笑った。

そういえば甘露煮のような料理をタイで見ない。
「このように砂糖で甘くした魚料理はタイにあるかい?」
「ないわ」
やはりないようだ。干し魚は焼くか、油で揚げるだけのようだ。
日本では干した魚を甘辛く煮るが、油で揚げることはない。
食文化の差だ。
今年もいろいろな食文化の差を見て驚くことだろう。

2008/1/1

クチコミblogランキング TREview

|

« パチャラミカオヌングブアイ | トップページ | 大晦日のバーベキュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9676629

この記事へのトラックバック一覧です: ウチのお節料理:

« パチャラミカオヌングブアイ | トップページ | 大晦日のバーベキュー »