« 蕪の料理 | トップページ | 熱燗 »

2008年1月25日 (金)

タイのハンバーグ

P1030940pct13

いつもの通り「何、食べる?」で始まった。
「豚!」それだけ言うとヌチャナートが豚肉をどう調理するか考え
てくれる。時には「焼くの?煮る?」なんて聞くこともあるが、
大抵はヌチャナートが考えて料理を作ってくれる。
豚の挽肉を冷蔵庫から取り出した。
「日本のハンバーグを作る?」
豚肉でハンバーグというのは奇妙なものと考える。
ウチのハンバーグは豚で作ることが多い。
見かけは豚で作っても牛で作っても同じだ。
「タイのハンバーグがいいな」ヌチャナートは調理を始めた。
「アハハハ・・・。これ見てよ!」
挽肉に香草を混ぜて薄い円板を作った。俺たちが考える小判型
のハンバーグではない。
フライパンの全体に広がる大きさだ。
焼き上がったハンバーグを取り出す時に形が崩れた。
見かけは悪くなるが味は変わらない。

味はどうかって?うーん、何と言うかな?
タイの香草が薫るハンバーグと言えばいい。
この香りって、タイの薩摩揚げと同じだ。
魚を肉に代えたと思えばいい。
薩摩揚げは甘くて辛いソースにつけて食べる。
このハンバーグはソースをつけないでそのまま食べる。
「ちょっと塩っぱいわね」
「いや、ご飯と一緒に食べると丁度いい塩味だよ」
ヌチャナートは餅と一緒にハンバーグを食べている。
「あら、本当ね。塩味はちょうど良いわ」
焼いた餅とハンバーグなんておかしな組み合わせだと思うだろ
うが、これも美味いよ。
俺は一匙分の飯をスプーンで皿の端に寄せる。
その飯にハンバーグを乗せて、肉をバラバラにほぐす。
飯と肉をかき混ぜる。肉の脂と旨味が飯に移る。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/24

|

« 蕪の料理 | トップページ | 熱燗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10063436

この記事へのトラックバック一覧です: タイのハンバーグ:

« 蕪の料理 | トップページ | 熱燗 »