« 斗酒を飲む | トップページ | 絹さやとオイスターソース »

2008年1月31日 (木)

中国製食品、心配ない

昨日の報道によると中国からの輸入食品に農薬がまじり、事故
が起きた。今、日本だけでなく世界中が中国からの輸入食品に
関心を寄せている。今回報道された危険と思われる食品の種類
の多さに驚いた。事故の原因は指定外の野菜の使用、不十分
な洗浄、加工工程中に混入、イタズラ、最悪はテロ・・・・と
ろいろ考えられる。

中国は世界の工場と言われ、いろいろな製品を世界中に輸出し
高度成長を続けている。成長の波に乗った人は大金持ちになり、
乗り遅れた人や、乗れない人は貧困に喘いでいる。
貧富の差が激しい。
今回の問題を起こした河北省の天洋食品の幹部は景気の波に
乗った人々で豪勢な生活をしているだろう。

中国からの観光客が銀座や秋葉原で高価な商品を買い漁って
いる。ちょっと立ち寄って100万なんて買物を平気でする。
こんな人々は経済成長の波に乗った人々だろうと推定していた。
ここで俺はちょっと疑問を感じた。あの人々はどうやって日本円
を入手したのだろう?中国政府は日本円への換金を無制限に
許しているのだろうか???
この問題は天洋食品の食中毒問題と関係ないので飛ばそう。

テレビ・ラジオも天洋食品の商品を食べないように呼びかけて
いる。俺はそれを聞き流している。
ウチはタイ料理だけなので、餃子など中華料理は食べない。
俺は「そんなのカンケェーネェ!」という感じの無関心さでテレビ
をみている。ヌチャナートは日本語の報道が分からないが、報道
の内容からなにか不安を感じているような顔をしている

「中国から輸入した食品に農薬が入っていたのだ」
「えっ!」
やっと事態を理解してヌチャナートは驚いていた。
報道されているような食品をウチでは食べないので、ウチは中国
製食品の心配はない。でもオチオチしていられない。
先日はタイからの輸入食品で添加物の問題があったからな。

日本の食品業界も変わった。
太平洋戦争末期から終戦の混乱期は食べ物の確保に苦労した
食糧難の時代だった。戦後の復興が終了すると、食べたい物が
食べられるようになった。日本の食品市場はラーメンを始とする
インスタント食品から冷凍食品まで豊富な食品で溢れていた。
そして食べ過ぎの飽食の時代になり、肥満が問題になった。
食は量より質ということでグルメブームになる。
現在の日本の人々の関心は美味い物より安心な食品に向き始めた。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/31

|

« 斗酒を飲む | トップページ | 絹さやとオイスターソース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10167287

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製食品、心配ない:

« 斗酒を飲む | トップページ | 絹さやとオイスターソース »