« カイクワ、タイの卵料理 | トップページ | お握りこそ日本の味 »

2008年1月23日 (水)

合鴨のポロー

P1030929pct13

これはウチで食べている料理だが、ウチで作った料理ではない。
買ってきたものを、温めて薄切りにしただけだ。
冷凍保存していたものを、いきなりお湯に入れて解凍しながら
温めた。

合鴨のロースを牛蒡、インゲン、人参で巻き、煮込んでいる。
ヌチャナートはこの合鴨をポローペットと呼んでいた。
合鴨のポローだとヌチャナートは思っているのだ。
肉の色を見て、ポローだと思ったのだろう。
ポローというのはタイ語で東坡肉のことだ。
ヌチャナートはこの合鴨を八角の香りが強い煮込み料理だと
思っていたらしい。そう思い込むと、合鴨を口に入れる時、
無意識のうちに八角の香りを期待している。
この料理には八角なんて使っていない。
甘い醤油味で煮込んであるのでこの合鴨はヌチャナートには
不評だった。生の唐辛子と一緒にしぶしぶ食うような様子
だった。俺も食ってみたが、ヌチャナートのいうように甘すぎる。
いつも辛い料理を食べているので、このように甘い料理は苦手
になる。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/23

|

« カイクワ、タイの卵料理 | トップページ | お握りこそ日本の味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10032138

この記事へのトラックバック一覧です: 合鴨のポロー:

« カイクワ、タイの卵料理 | トップページ | お握りこそ日本の味 »