« パッカパオ、豚肉の牡蠣油炒め | トップページ | 量り売りの復活と環境問題 »

2008年1月21日 (月)

クサヤを焼く

新島特産のクサヤを焼いた。ひどい臭いがする。
その名の通りくさい!!!

P1030922pct13

しばらくクサヤを食べていなかった。スーパーでヌチャナート
が「臭い魚が欲しい」と言い出した。
クサヤのことだと直ぐにわかったのでクサヤを捜してあげた。
このようにくさいが美味い魚はタイには沢山ある。
クサヤをタイで焼いて周囲の人に食わせたが、反応がな
かった。似たような味、似たような臭いの魚が周囲に沢山ある
ので、タイ人にとってクサヤは珍しい食べ物ではない

せっかく日本から持ってきたのに反応の低さにがっくり来た。
でもいい勉強になったと嬉しく、可笑しくなった。

クサヤを焼く臭いを俺がくさいと言うのだから、近所の人には
もっと臭いだろう。ヌチャナートは飯といっしょにクサヤを美味
しそうに食べている。
俺もクサヤをちょっと摘んだ。
確かにくさいが、旨みが強い。この旨みなら好きな人は病み
つきになる。ヌチャナートも病みつきになったひとりだ。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/20

|

« パッカパオ、豚肉の牡蠣油炒め | トップページ | 量り売りの復活と環境問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10003743

この記事へのトラックバック一覧です: クサヤを焼く:

« パッカパオ、豚肉の牡蠣油炒め | トップページ | 量り売りの復活と環境問題 »