« 苦いサダオ | トップページ | 軍鶏のラープ »

2008年1月11日 (金)

ライスカレーの思い出

腹が減ったのでライスカレー屋に入った。
店の名前は忘れた。
俺は面倒臭がりだ。ラーメン屋に入ったらラーメンが出てくれば
いい。カレー屋に入ったなら、つべこぜ言わずにカレーがでて
くればいい。麺が多少固くても柔らかくても構わない。
こっちは腹が減ってんだ。
カレーが辛かろうと甘かろうと気にしない。早く食い物を出せ!
どんな麺がいいか、どんな辛さがいいかカンケーない。
余計な質問をすんなっつーの!気にいりゃまたその店に行く。

俺が入ったカレー屋なんだが、辛さに番号が振ってある。
辛い順番に番号が増えるか減るかしていた。
初めて入った店で一番辛いのはどの位辛いのか俺にはわから
ない。何回も通わなければ何番のカレーはどの位辛いか、わかる
人なんているわけネェーだろう!!
しょうがないから中辛程度の辛味にした。
それはそれでいいのだが、勘定の時に驚いた!
中辛だと100円増しだった。
辛味を強くするにはスパイスを多く使うから値段が高くなるのは
わかる。しかしだよ、幾らスパイスを余計に使うからと言っても、
追加スパイスの値段に100円もかかることはない
だろう!
バーロー!俺は怒った!
テーブルの上には辛味調節用のスパイスが置いてある。
それを入れれば幾らでも辛くなる。テーブル上のスパイスは無料だ。
「よおーし、今度は無料のスパイスを大量に使ってやるぞ!」

俺はその店にまた出かけた。
今度は普通の辛さのカレーを注文した。
そして卓上の辛味調節用のスパイスを思い切りかけた。
これでもか!これでもか!
親の敵に出会ったように無料のスパイスをかけてかけてかけまく
った!その結果はどうなったか?

大量のスパイスを煮込むからスパイスの旨みが発揮される。
煮上がったカレーに後からスパイスを加えても、スパイスは急
には水分を吸収しない。スパイスは粉粒のままだ。
カレーの中に無料のスパイスの粒が混ざっている。
口の中がざらざらする。
辛味は増したが、不味さも増した。
無料のスパイスを沢山使って、あの時、とられた100円分を取り
返そうとしていた。この作戦は完全に失敗だった!
それいらい、この店には足を運んでいない。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/11

|

« 苦いサダオ | トップページ | 軍鶏のラープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9822617

この記事へのトラックバック一覧です: ライスカレーの思い出:

« 苦いサダオ | トップページ | 軍鶏のラープ »