« お握りこそ日本の味 | トップページ | タイのハンバーグ »

2008年1月25日 (金)

蕪の料理

こんなの料理じゃない!蕪を茹でただけじゃないか!
そんな文句を言いたくなるような料理だ。
でも一口食べるとその美味さに驚いてしまう。

俺は蕪のスープを食べたかった。
いつか作ってくれた蕪のスープが食いたかった。
それを期待していたのに、出てきたのは茹でた蕪だ。
この蕪にナンプラをかけ、生唐辛子をのせる。
柔らかな蕪にナンプラの塩味が染み込む。
白い蕪に赤い唐辛子が可愛い。
可愛いからと油断すると、唐辛子がピリッとくる。

P1030937pct13

見かけは大きいけど、水ばかりだから腹は膨らまない。
食ったばかりは腹いっぱいになるが、腹は直ぐに騙されていることに気づく。
また何かを食いたくなる。

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2008/1/24

|

« お握りこそ日本の味 | トップページ | タイのハンバーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10062913

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪の料理:

« お握りこそ日本の味 | トップページ | タイのハンバーグ »