« ヌチャナートの鍋料理 | トップページ | 菜の花と唐辛子 »

2008年1月18日 (金)

燗酒とヒヤ酒

俺が若い頃、酒の飲み方は二つしかなかった。
燗とヒヤだ。人肌に温めた酒が燗酒で、温めないでそのまま
飲むのがヒヤ酒だ。ヒヤ酒というのは室温に放置した酒だ。
その温度は夏と冬で違うが、そんなことは気にしない。
お燗をしていない酒がヒヤ酒だ。
25年ほど前から冷蔵庫で冷たくした酒を飲む習慣が定着した。
冷蔵庫で冷やした酒はレイシュと呼んでいる。
現在の酒の飲み方は三つになった。
温度の高い方から並べると、燗酒、ヒヤ酒、レイシュだ。

最近、居酒屋でヒヤ酒を頼むと若い店員に「常温ですか?」と
聞き返される。
「ヒヤは常温に決まっているじゃないか?」と店員の常識の無さ
に腹を立てたことがある。注文を受けた若い店員は「ヒヤと冷酒」
を区別しろと教育を受けているのだろう。

俺は冷蔵庫で冷やした酒を飲むのは異端の飲み方だと思って
いる。ウチじゃ、燗をつけるのが面倒なのでいつもヒヤで
飲んでいる。ヌチャナートは酒に燗をつけることを知って
いるが、いつもヒヤで飲んでいる。
たまに燗をつけることもあるが、お湯に徳利をつけて燗を
つけることはない。徳利を直火にかけて、燗をつける。
時々、燗をつけていることを忘れて酒が沸騰することもある。
今晩は久しぶりに燗酒を飲もうかな。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/17

|

« ヌチャナートの鍋料理 | トップページ | 菜の花と唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9948791

この記事へのトラックバック一覧です: 燗酒とヒヤ酒:

« ヌチャナートの鍋料理 | トップページ | 菜の花と唐辛子 »