« 食べ物と健康1168 | トップページ | 燗酒とヒヤ酒 »

2008年1月18日 (金)

ヌチャナートの鍋料理

今までごろっとなっていたヌチャナートが起きてきて言った。
「今日は"ナベー"にするわね」
「えっ!?・・・・?」
"ナベー"というのは日本語で鍋のことだ。いつもタイ料理なので、
日本人が大好きな鍋料理にしようというのだ。
「豆腐、あるかい?」
「あるわよ。買ってきたわ」
どうやらヌチャナートには木綿豆腐と絹ごし豆腐の区別がつか
ないらしい。ヌチャナートは木綿豆腐を買ってきた。
いつも俺が絹ごし豆腐を買っているのに、ヌチャナートは気づい
ていない。豆腐はどれも同じだとヌチャナートは思っているの
だろう。俺は感触が滑らかな絹ごし豆腐が好きでいつも絹ごし
豆腐を食べている。ごわごわした木綿豆腐の喉越しより、
さらっとした絹ごし豆腐の喉越しはいい。
布地の場合、木綿より絹の方が高価だ。
だから俺は絹ごし豆腐の方が木綿豆腐より高級品だと勘違い
している。木綿豆腐の方が絹ごし豆腐より栄養価が高いはずだ。
頭では理解しているが、気持ちでは絹ごし豆腐の方が高級で
エライと思い込んでいる。
鍋料理にはヌチャナートが買ってきた木綿豆腐は型崩れがしない
のでいいと考えることにした。

P1030892pct13

海老、牡蠣、豆腐、白菜という型通りの鍋だ。
近くの食品工場から頂いたポン酢を使ったが、柚子の香りが強す
ぎて俺の好みとずれている。俺はヌチャナートが作った唐辛子入
りのタレをつけて食べる。ヌチャナートは柚子の香りが強いポン
酢に牡蠣などをつけ、「いい香り」と言いながら食べている。
「トーフが美味しいわよ。トーフを食べて」
「ヌーはなにを食べるんだよ?」
「アタシは海老と牡蠣を食べるわ。サミイはトーフを食べてね!」
どうやら俺に海老や牡蠣を食わせない魂胆だ。
この海老は飼い猫サダム フセインのために買ってきたものだ。
俺たちは猫の餌を横取りして食っていることになる。
「海老は煮すぎると美味しくないのよね」
そう言いながら、海老を摘んでいる。
俺は白菜を鍋に加える。
小さな鍋だがゆっくり酒を飲みながら食べるにはこれで十分だ。
「忍」という名前のタイ製の清酒がある。
タイ製の清酒は不味いと言って飲まないのに、日本の清酒は
美味いといいながらヌチャナートは清酒を冷で飲んでいる。
アルコール燃料を加えると、また鍋はぐつぐつ煮え始めた。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/16

|

« 食べ物と健康1168 | トップページ | 燗酒とヒヤ酒 »

コメント

タイ産の清酒
タイ国では1985年より1999年まで清酒を製造していました。
2000年より自主規制しています。
2007年より業務用清酒「桜」を販売しています。

投稿: ただの酔っ払い | 2008年3月14日 (金) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9948721

この記事へのトラックバック一覧です: ヌチャナートの鍋料理:

« 食べ物と健康1168 | トップページ | 燗酒とヒヤ酒 »