« モヤシ炒め、タイ版 | トップページ | パッカパオ、ぶっかけご飯 »

2008年2月 7日 (木)

日本の豚かつ、タイの豚かつ

2078pct30

俺は常々、豚かつは和食だと言っていた。
本日の新聞折込広告にファミリーレストラン「すかいらーく」の
広告があった。その広告のなかに、「すかいらーくの和膳」
というのがあった。和膳の中に豚かつがあったので、思わず
にやりと笑った。
和膳とわざわざ断るのは、未だ豚かつは洋食という考えが残って
いる証拠だ。ポルトガルから日本に入った天ぷらは完全に和食
化しているので、現代の日本人は天ぷらは和食だと思っている。
豚かつが完全に和食化するにはまだまだ年月がかかる。
「すかいらーく」は洋食を手ごろの値段で提供する店として生ま
れた。洋食屋だったのに、和食もだすようになった、その変化
が面白い。

日本では豚かつは洋食屋から広がっていった。
それが何時の時代からか知らないが、豚かつには千切りの
キャベツを乗せるのが当たり前になった。
いまではキャベツがなかったなら豚かつとは言わない。
昔は豚かつが食いたければ、お洒落をして町に出かけ、ハイ
カラな洋食屋に入らなければならなかった。
それがだんだん庶民化して今では何処でも食える存在になって
いる。洋食が和食化した典型的な食品が豚かつだと俺は思う。
豚かつを和食と言わせるにはいくつかの条件がある。
まず、キャベツの千切りがあること。
箸で食べること。
食べやすいように切ってあること。
味噌汁があること。
パンではなくご飯と一緒にたべること。
ご飯は皿でなくて茶碗にもってあること。

同じ豚かつなのだが一流ホテルでは豚かつのことをポークカツ
レツなどと呼んでいる。千切りキャベツの代わりにバター炒め
の野菜などがついており、パセリが一切れカツの上に乗って
いる。ナイフとフォークで食べる。パンとバターがつく。
こうやって食べると豚かつは洋食になる。

ウチの料理には豚かつはない。庶民が入るタイの店で豚かつ
を俺は見たことがない。注文したことがないがタイの一流ホテル
でポークカツレツを注文すれば豚かつを食べられると思う。

もし俺がタイでヌチャナートに豚かつを食べたいと言えば作って
くれる。タイでヌチャナートが豚かつ作る様子を想像するとこんな
風になる。
豚かつの上にはパクチーが乗っている。パクチーはパセリの仲間
だからまあいいだろう。
半分に切ったタイの小さな緑色のライムがついてくる。
酸味をだすのは決まってライムだ。ライムなら豊富にあって
安い。これだけじゃ淋しいから、生のもやしとか生野菜が豚かつ
の隣にのってくる。タイ人は食事にナイフを使わない。
フォークとスプーンで食事をする。多分、食べやすいように
豚かつを切ってから盛り付けるだろう。
ご飯は皿にのせる。トンカツソースなんてないから、唐辛子と
ナンプラのソースがついてくる。
豚骨スープをつけるなんて発想はないと思う。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/7

|

« モヤシ炒め、タイ版 | トップページ | パッカパオ、ぶっかけご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10305527

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の豚かつ、タイの豚かつ:

« モヤシ炒め、タイ版 | トップページ | パッカパオ、ぶっかけご飯 »