« 卵焼き | トップページ | 健康と食事3029 »

2008年2月29日 (金)

朝食のスタイル

日本人には朝食のスタイルがある。
味噌汁、お新香、納豆、生卵、焼き魚・・・などだ。
英米なら、トースト、ベーコン、ハム、卵焼き・・・・だ。
決まりきった朝食のスタイルから外れると、なんとなく落ち着かない。
納まるところに納まらない感じがする。
例えば昨晩の残りのカレー(実は残り物のカレーの方が美味いの
だが)を食って、仕事に出かけると、朝食抜きで家を出た感じが
する。昔の言葉で言えば代用食を食った気がする。

タイにも朝食のスタイルがあるのだろうが俺には分からない。
タイのホテルでは朝食にお粥がある。
お粥は朝食のスタイルだろうと推定できる。
朝、食べるお粥は美味いんだ。実に美味い。
昨晩、飲みすぎたことを忘れさせてくれる。
ウチでは朝食だからと言ってお粥は出さない。
ヌチャナートは朝粥を作らない。
俺の目から見ると、一日中同じような辛い飯を食っている。

ヌチャナートは食パンを買ってきた。
珍しいことをすると思っていた。
プラスチックのお盆も買ってきた。
今朝は新しいお盆にコーヒーを乗せ、食パンにバターを塗って
食べている。コップに入れた牛乳もある。
「ねっ、綺麗でしょ?」西洋式朝食を意識しているようだ。
俺は笑った。
「何を笑っているの?」
「・・・・・」

タイでは全員が床の上に座り、広げた茣蓙の上の飯を車座に
なって食べる。飯は全員の共有物だ。
こういう食べ方も楽しいものだ。
日本で言う、同じ釜の飯を食う実感がある。
食卓に座り、自分専用の飯を食うのが西洋式だ。
どうもヌチャナートはテレビや雑誌で見る西洋の朝食と同じだと
思っているようだ。
多分「タイの朝食とは違う格好良い朝食」と思っている。

2008/2/29

クチコミblogランキング TREview

|

« 卵焼き | トップページ | 健康と食事3029 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10827844

この記事へのトラックバック一覧です: 朝食のスタイル:

« 卵焼き | トップページ | 健康と食事3029 »