« ムラサキイガイとパクチー | トップページ | タイ風焼肉と辛さの問題 »

2008年2月27日 (水)

わかさぎ料理、モックパー

P1040158pct13

冬になると氷上のワカサギ釣りがかならずテレビで映し出される。
ワカサギと言えば氷を想像する。氷結した湖の氷に穴を開けて
ワカサギを釣る。日本人はワカサギは寒い地域の魚だと思い込ま
されている。今日はヌチャナートがタイ人、日本人の友達を家に
呼んだ。ヌチャナートはワカサギを料理してだした。
日本人「ワカサギってタイにもいるの?」
タイ人「いるわよ。いっぱい、いるわよ。」
日本人「えっ!?何処にいるの?」
欧州など日本と似たような気候の所にワカサギがいると聞いても
驚かないが、熱帯にもワカサギがいると聞いて日本人は驚いていた。
タイ人「田圃にいるわよ」
いつも日本人がテレビで見ているワカサギ釣りは湖の上だ。
湖と言うときれいな水、田圃と言うと汚い水という気がする。
田圃と聞いて日本人は意外という顔をしている。
日本人「えっ?田圃?日本の田圃にワカサギはいないわ。
泥鰌ならいるわよ。」
タイ人「そう、田圃にいるのよ。田圃にいるワカサギは美味
しいのよ」
日本人「・・・・・。ワカサギのこと、タイ語で何と言うの?」
タイ人「プラシュウって言うわ」
日本人「田圃の泥鰌は食べないの?」
タイ人「泥鰌は食べないわ」
こんな話をしながら、ワカサギを食べた。
ワカサギを食べながら異文化交流ができた。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/23

|

« ムラサキイガイとパクチー | トップページ | タイ風焼肉と辛さの問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10788642

この記事へのトラックバック一覧です: わかさぎ料理、モックパー:

« ムラサキイガイとパクチー | トップページ | タイ風焼肉と辛さの問題 »