« さけの中骨 | トップページ | タイのコーラとペプシ »

2008年3月 3日 (月)

ノムチン

P1040247pct13

ノムチンと言うのは素麺に薄めのシチューをかけたものと考えれ
ば間違いはない。タイ人が好む食べ物だ。
ちょっと腹が減るとタイ人はノムチンを食べる。
日本で言えば駅の立ち食い蕎麦と考えればいいだろう。
俺たちが電車の乗り換えの僅かの時間に立ち食い蕎麦を食べる
のに似ている。

鶏ガラをヌチャナートは買い求めた。
これを唐揚にするのかなと思った。鶏ガラの唐揚は美味いぞー!
一度食べたならその美味さに驚く。
「ノムチンを作るわ」
「えっ?!」
骨付きの鶏の足も求めた。
「・・・も買わなくちゃ。・・・・って分かる?」
「分かるよ。豆のことだろ」
「そうよ」
「・・・・」はモヤシのことだ。「・・・・」と言われるとモヤシのことだと
分かる。喋れなくとも聞けば何を求めているのか、わかってしまう。
素麺を茹でて、ノムチンの汁も作った。
鶏ガラはノムチンの出汁を取るだけでなく、骨についた肉も食べる。
出刃包丁で鶏の足を叩き切って、出汁に入れる。
「味見してよ」タイで食べるのと同じ味がした。
「タイの味だね。タイと同じだ」嬉しそうにヌーは笑った。
キャベツの千切り、生のモヤシなどを一緒に食べる。
生のモヤシは生臭いにおいがする。
俺はそれがいやなのだが、タイ人はそのにおいを気にしない。

クチコミblogランキング TREview

2008/3/3

|

« さけの中骨 | トップページ | タイのコーラとペプシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/10908645

この記事へのトラックバック一覧です: ノムチン:

« さけの中骨 | トップページ | タイのコーラとペプシ »