« 食が変化する | トップページ | 山葵とタイ人 »

2008年3月15日 (土)

チキンカレーのタイ版

P1040366pct13

「この料理の名前はなんて言うの?」
「チキンカレーよ」
チキンカレー?なんだか変なカレーだな?
まあ、タイ版のチキンカレーと思うことにしよう。
俺達にお馴染みの黄色いインドカレーのチキンカレーを想像したらいけない。
タイ版チキンカレーはインドカレーとは全く違う。
まずどろっとしていない。水のようにさらさらしている。
インドカレーの特徴であるクミンの香りがない。
そんな香りは何処にもないが、軽い良い香りがする。
タイの食材店で買い求めてきたあの野菜の香りのようだ。
この野菜を使う前にヌチャナートが聞いた。
「この野菜を食べる?」
多分、苦いか、芹のような特有な香りがする野菜だろう。
俺は「食べる」と答えていた。
この野菜からいい香りがしている。食べると答えていて正解だった。
「この野菜の名前はなんて言うの?」
「パッカヤンよ」
「ふーん」
「田圃には幾らでも生えているわ」
パッカヤンは田圃の雑草みたいなものだとわかった。
雑草に金を払っていたのか?なんだか馬鹿々しくなった。
この雑草も飛行機に乗り、通関料を払ってきたのだから、無料と言うわけにはいかない。
タイ東北部、ラオスではよく使われる野菜とのこと。
バンコックでも使うらしい。
タイにも地方々で料理に特徴があるというわけだ。

美味いと思いながらチキンカレーを食っている。
食っているうちに辛さで汗が出てくる。
ヌチャナートは水を黙って差し出す。
冷たい水を飲む。水が甘く感じた。

クチコミblogランキング TREview

2008/3/15

|

« 食が変化する | トップページ | 山葵とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/11373779

この記事へのトラックバック一覧です: チキンカレーのタイ版:

« 食が変化する | トップページ | 山葵とタイ人 »