« アスパラの炒め物 | トップページ | ふりかけと発想法 »

2008年3月10日 (月)

夜はお粥

P1040301pct13

今日は昼飯が遅いので夕飯の時間になっても腹があまり減ら
ない。テレビを見る。俺はテレビは嫌いだ。テレビを見ると他の
ことができないからだ。
番組の制作者は人をテレビに釘付けにするのがうまい。
ラジオなら、聞いているだけで内容がわかる。
ラジオを聴きながらパソコン入力ができる。テレビの場合は
「此方をご覧ください。この赤い部分が・・・・・・」なんて言う。
どうしてもテレビを見て、赤い部分が何なのか見てしまう。
テレビは見ていないと内容が分からない。
ヌチャナートはテレビをよく見る。俺はテレビを見ないようにして
いるのだが・・・・・。
俺は日本語が分かるから、テレビが「此方をご覧ください」と言うと、
ついテレビをみてしまう。
日本語が分からないのに、ヌチャナートには内容がわかるようだ。
「あの人たち、離婚するのね」とか「あの人は悪い人ね」などと
かなり正確に内容を把握している。
言葉が分からなくとも、映像を見ていればある程度内容がわかる
ようにテレビはなっている。制作者の才能だな。これは凄いことだ。

昔は番組が終了すると「それではまた来週もお楽しみに」なんて
言っていた。最近はそれがない。
番組が終わるとコマーシャルが始まる。
コマーシャルの後に番組の続きがあると思うからチャンネルを
変えない。そうすると違う番組になっている。
それも面白そうなのでついついみてしまう。

テレビを見続けて、寝る頃になると小腹が減る。
ヌチャナートがお粥を作ってくれた。
消化のよいお粥をゆっくり味わいながら食べる。
酒を飲む。唐辛子とナンプラを加えながら、お粥を食べる。
生唐辛子を一切れ齧っても飛び上がったのに、今はスプーン一杯
に一切れの唐辛子がはいっても平気で食べ
ている。
唐辛子の辛味に対して耐性ができている。
だからと言って、エラクなったわけではない。
そんなことを誉める人もいない。
唐辛子の辛味は麻薬と同じようにだんだん量が増えないと
きかなくなる???
俺が食べる唐辛子の量はタイの子供が食べる量と同じだ。

クチコミblogランキング TREview

2008/3/9

|

« アスパラの炒め物 | トップページ | ふりかけと発想法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/11143029

この記事へのトラックバック一覧です: 夜はお粥:

« アスパラの炒め物 | トップページ | ふりかけと発想法 »