« カオパットと卵 | トップページ | 毒餃子とお笑い芸人 »

2008年4月12日 (土)

蛙を食べるために

物には使い道があってそれ以外の使い道はないと思う。
それが固定概念なんだな。
例えば日本の風呂敷は物を包むための道具と日本人は考え
ている。風呂敷を日本で買った外人は帰国してテーブルにかける
なんて使い道をする。そんな使い道を考えていない日本人は頭を
ぶった叩かれるような気持ちになる。

100円ショップに洗濯物を入れる袋がある。この袋に洗濯物を入れ
て洗濯機にかける。生地が傷まないという便利さがある。
また洗濯物別に袋に入れておけば、干す時に楽だ。
そんな使い道もある。

タイ人は蛙を捕まえて食べる。市場では蛙を売っている。
蛙を買ってきてシチュウにしてくれるが俺は気持ちが悪くて食べ
られない。知らないで食っている間は旨い。
食っているものが蛙だと分かると食欲が途端になくなる。

雨上がりの夜には蛙が沢山でてくる。懐中電灯を持って子供は
蛙を捕まえに行く。子供にとって蛙を捕まえるのは面白い。
捕まえた蛙を持ち帰ると母親が料理を作ってくれる。
自分が捕まえた物を食べるのは最高の喜びだ。

俺は釣った魚を食べる。自分で釣った魚の刺身はうまい。
蛙を食べる習慣がないから、自分が捕まえた蛙を食べて旨いと
感じるかどうか分からない。
自分の釣りの経験から蛙でも同じだろうと推測できる。

ヌチャナートが100円ショップで洗濯物を入れる袋を見つけた。
「あら、これいいわね!」
「・・・・・・」
俺は洗濯する時に便利だと言うのだと思っていた。
「捕まえた蛙をここに入れるのよ」
「えっ!・・・・・??」
「蛙をここに入れれば、蛙は死なないでしょ」
「うん。・・・・・?」
「ジッパーをしておけば、蛙は逃げられないわ。」
「うん。・・・・・?」
俺はため息をついた。
「そんな使い方もできるのだ」

バンコックにも100円ショップのダイソーがある。あそこにもこれと
同じ物があると思う。ダイソーのバンコック支店に勤める日本人
はこの商品を洗濯に使うと思っているはずだ。
まさか蛙を捕まえて食べるためにこの袋をタイ人は買っていく
なんて、気づかないだろうな。

物の使い道は一つではない。
我々が考えもしない使い方を外国の人はやる。
日本人だってフランスの物をフランス人が考えもしない使い方、
フランス人が吃驚する使い方をしているかもしれない。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/10

|

« カオパットと卵 | トップページ | 毒餃子とお笑い芸人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20171739

この記事へのトラックバック一覧です: 蛙を食べるために:

« カオパットと卵 | トップページ | 毒餃子とお笑い芸人 »