« ムゥトートと卵焼き | トップページ | パッカパオプラムック、紋甲イカの炒め物 »

2008年4月 5日 (土)

手羽先とナムチム

P1040681pct13

俺はいつもタイと日本の肉食文化の差を考えてしまう。
日本人は肉を無駄遣いしているような気がする。
その点、肉食文化が長いタイ人は肉をとことん食べてしまう。

スーパーに手羽先があった。日本人は手羽先は出汁を取るため
にしか使わない。これを食べる人は少ない。
ヌチャナートは手羽先を見た。
「あら、これっ、美味しいわよ」
ヌチャナートが手に取ったのは本当に手羽先だけだ。
手羽元があれば、少しは肉がついている。手羽先には殆ど肉
はない。

手羽先に下味をつけて唐揚げにした。
レモン汁、ニンニク、唐辛子を叩き潰したナムチムを作った。
ベランダのパクチーをとってきてナムチムに飾る。
パクチーの強い香りを嫌がる日本人が多い。
なんでこの香りが嫌だったのか、今の俺にはわからない。
これがないとタイの香りにならない。
芳香とは思わないが、良い香りと感じるようになっている。

P1040677pct13

まだ熱いうちに手羽先をナムチムにつけて食べる。
タイの味がする。陽気がだんだん暖かくなるとナムチムの味も
タイの味に近づくような気がする。これは旨い。
確かに旨いのだが食べにくい。俺は手羽先を食いながら考えた。
タイ人は手羽先を下等な肉とは考えていないようだな。
この肉にもなにかいい所があるはずだ。食いづらいというのも
利点があるはずだ。どんな利点があるのだ?
食いづらい、食べづらいの利点に気がついた。
頭脳の生理に関係している。ある程度まで食うと脳は
「満腹だから、もう食事を中止」と命令する。
そこで食欲が落ちて「お腹がいっぱいだ」となって食事を止める。
早食いすると脳からの食事中止命令前に食い過ぎてしまう。
結果として太る。

食いづらいからゆっくり食べることになる。食うのに時間がかかる。
コリコリした関節部分がある。これを食うにはよく噛まなくてはいけ
ない。噛む回数が多いと脳を刺激する。食いづらいものを食って
いると、少量食った段階で脳からの食事中止命令を受けて満腹感
になる。結果的にほんの少し食っただけで満腹になるので、
ダイエット効果がある。糖尿病などで食事制限を受けており、
肉をあまり食べてはいけない人にもこの手羽先の唐揚は良いと
思う。肉はほんの少ししかないけど、本物の肉の味がする。
肉を食った満足感を得られる。コラーゲンも豊富にある。

手羽先を食べる欠点は手がべトべトになることだ。
箸やフォークでは食べにくい。手で持って食べるしかない。
ナプキンで手を拭き拭き食べなくてはいけないのが欠点だな。
少量で満足。ダイエット効果、美肌の元コラーゲン豊富なんて
ことで手羽先が見直されるのではないか?

クチコミblogランキング TREview

2008/4/5

|

« ムゥトートと卵焼き | トップページ | パッカパオプラムック、紋甲イカの炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/12305815

この記事へのトラックバック一覧です: 手羽先とナムチム:

« ムゥトートと卵焼き | トップページ | パッカパオプラムック、紋甲イカの炒め物 »