« 薄味タイカレー | トップページ | イラン人とタイ米 »

2008年4月21日 (月)

ポークソテーかムウピンか

P1040827pct13

見た目は西洋料理のポークソテーだ。ポークソテーというのは
バターを溶かしたフライパンで豚のロース肉を焼き上げたも

を言う。これは塩コショウをした豚のロースをグリルで焼いた
ものだからポークソテーではないな。
やはりタイ料理に属してしまう。ムウピンと言うべきだろうな。
今日のムウピンはちょっと焼きすぎだ。肉が硬くなっている。

「ナイフ、いるでしょ?」
ヌチャナートは西洋人のように俺がナイフで肉を切って食べると
思ったらしい。俺はそれを断ってタイ式にフォークとスプーンで食
べることにした。フォークで肉を押さえ、スプーンの縁で肉を切る。
これで結構、肉が切れる。
不思議に思うかもしれないが肉は切れる。
考えてみれば、人間の歯でも噛んでいるうちに肉は切れるの
だから、スプーンで肉が切れてもなんら不思議はない。

一口大の肉をナンプラと唐辛子のたれにつけて食べる。
これが辛いのだ。汗がでてくる。
軍鶏のチキンスープと一緒に食べる。
西洋っぽいタイ料理だ。これも楽しい料理だ。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/21

|

« 薄味タイカレー | トップページ | イラン人とタイ米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20437418

この記事へのトラックバック一覧です: ポークソテーかムウピンか:

» タイの魅力探訪 [タイの魅力探訪]
タイの魅力に関する情報サイトです。 良かったら見に来て下さい。 [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 15時06分

« 薄味タイカレー | トップページ | イラン人とタイ米 »