« チューブ入りニンニク | トップページ | 薄味タイカレー »

2008年4月19日 (土)

ムウピン(ローストポーク)と野菜スープ

P1040812pct13

豚肉を塩コショウ、ナンプラで味付けしグリルで焼き上げた。
これをナンプラと唐辛子にレモンの絞り汁を加えたもので食べる。
豚肉は丁度よい具合に焼きあがっている。
ローストポークは丁度良い具合に焼き上げるのはなかなか難しい。
大抵、生焼けか焼き過ぎになる。
火が通っていないな、もう少し。なんてやると焼き過ぎになる。

ヌチャナートは今まで、ムウピン(ローストポーク)を野菜の上に
乗せて出したことがないと思う。
皿に肉を並べていた。今日は西洋式の盛り付けになっている。
タイ式の盛り付けが変化している。

「野菜とお肉を一緒に食べると美味しいわよ」
俺は肉だけを食べる。最後に野菜を食べる。
今日はその食べ方の方が美味しそうな食べ方に感じた。

日本人なら肉に醤油をちょっと垂らして食べるだろう。
俺はタイの食べ方に馴らされている。唐辛子の辛味がないと
食べにくい。何にでも唐辛子をつけている。
ムウピンに唐辛子をつけると、なんだか安心する。
肉をご飯に乗せる。唐辛子入りのナンプラが肉からご飯におちる。
ちょっと色がついたご飯を肉と一緒に食べる。

野菜スープとしか言いようがないスープがついてきた。
ほうれん草を二つか三つに切ってそのままスープに入っている。
見た目はあまり良くないが、味は良い。
野菜不足には丁度良い。
スープを食うというより、野菜を食っている感じだ。
今、流行の言葉だと「ヘルシー」という表現になるな。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/18

|

« チューブ入りニンニク | トップページ | 薄味タイカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20384519

この記事へのトラックバック一覧です: ムウピン(ローストポーク)と野菜スープ:

« チューブ入りニンニク | トップページ | 薄味タイカレー »