« 豚肉の空揚げ | トップページ | ウチの鶏肉スープ »

2008年4月10日 (木)

文明開化頃の食風景

P1040716pct13_2

これはウチの料理ではない。横浜の昔の光景を映した写真が並んで
いた。その中から食べ物に関係したものを選んだ。
寿司屋の隣に内外珍果物という店がある。この写真ではちょっと分か
りづらいかな?まあ、寿司屋の左隣には国内外の珍しい果物を取り扱う
店があったと思ってくれ。
珍果物とはどんな果物だったのだろう?
蜜柑や柿など国産の果物の他の外国の果物ってどんなものがあった
のだろう?ドリアン、バナナやマンゴー、パパイヤなんて果物を取り扱
っていたのだろうか?
もちろん新鮮な物はないから、乾燥品や砂糖漬けの果物を扱って
いたのだろう。当時としては熱帯の果物は貴重品だったと思う。

P1040711pct13_2

鶏肉スープと大きく書いてある。
この当時からスープという英語が定着していたことがこれで分かる。
スップとかズッペという他の外国語が使われなかったということは、
英国の味が伝わったのだろう。
古いかな文字で「しやも」と書いてある。「しやも」は「しゃも」つまり
軍鶏のことだ。鶏肉も軍鶏をつかっていることが看板からわかる。
この当時飼われていた鶏は軍鶏が多かったのか?
軍鶏は美味とされていたのか?
今の日本で軍鶏を食う人は少ない。
軍鶏を飼っている農家は少ないので、そのうち軍鶏がグルメの話題
になろう。俺達が今 見る鶏は白い羽と赤い鶏冠に特徴がある。
絵本に描かれる鶏もそんな鶏ばかりだ。

鶏肉を煮て、卵でとじた親子丼というのもこの頃にはあったのだ。
俺は親子丼というのはもっと近年になって発明されたものだと思い込
んでいた。大正か昭和の始め頃に作られたものと勝手に想像していた
ので、ちょっとショックだ。

P1040715pct13_2

福神漬け、奈良漬の店がある。
カレーライスが知られ始めたのはこの頃だ。
インドではカレーライスにチャツネがつく。
日本にはチャツネがないので、チャツネの代わりに福神漬けをカレー
に付け合せる習慣ができたと聞いている。
この頃、カレーライスを知っている人、食える人は金持ちでハイカラな
階級だった。彼等はこの店で福神漬けを買ってカレーの皿に乗せて
いたのだろうか?

カレーと言えばこんな話を思い出した。
当時の金持ち階級の家には女中とか下女という女が住み込んでいた。
彼女等はカレーなんてものを知らない。
カレーの色と姿を見て、彼女はトイレを思い出した。
「ウチのご主人様は汚らしいものを食べている」
彼女はそのように思ったらしい。

クチコミblogランキング TREview

2008・4・9

|

« 豚肉の空揚げ | トップページ | ウチの鶏肉スープ »

コメント

「文明開花」と検索し、出てきたので、、、
実は今、学校で文明開花について調べています。
教科書などは白黒写真ばっかりで、カラーでも錦絵だったり、どの画像も満足できず・・・
カラー写真を見ると、「このころの人たちも私たちと同じように物が見えていて、普通に生活してたんだな」と、今と変わらない生活に少し安心・親近感を覚えました。
この画像が見れてよかったな、と思いますnote

投稿: え | 2010年10月20日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20097118

この記事へのトラックバック一覧です: 文明開化頃の食風景:

« 豚肉の空揚げ | トップページ | ウチの鶏肉スープ »