« イラン人とタイ米 | トップページ | ラオス風筍料理 »

2008年4月22日 (火)

筍のトムチュート

P1040828pct13

新鮮な筍が出回っている。ヌチャナートは筍を買ってきた。
筍の皮を剥きながら楽しそうだった。
「ねぇー、サミイはこれをどう食べたい?」
そんなことを聞かれても考えるのが面倒だ。
「なんでもいいよ」
「トムチュートにする」
「うん」承諾する時、俺はいつも日本語で”うん”と言っている。
ウチではこれが習慣になっているので、タイ語で「カープ」とか
「チャイ」なんて返事をすると、かえって異様に聞こえるみたいだ。
これで今日は筍のトムチュートがでることになった。
今日のトムチュートは日本人向けの味になっている。
さっぱりとしたいい味に仕上がっている。
挽肉の肉団子を入れてある。
筍と肉団子の組合せがいいというわけではない。
冷蔵庫に入れておいた挽肉をそろそろ食べないと悪くなってしまう。
腐ってしまう前に食べないといけない。
そんな単純な理由で肉団子と筍のトムチュートになった。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/21

|

« イラン人とタイ米 | トップページ | ラオス風筍料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20468717

この記事へのトラックバック一覧です: 筍のトムチュート:

« イラン人とタイ米 | トップページ | ラオス風筍料理 »