« 毒餃子とお笑い芸人 | トップページ | 犬肉の安全検査 »

2008年4月14日 (月)

白瓜と鶏のトムチュート

P1040786pct13

俺は子供の頃、白瓜は大嫌いだった。
奈良漬は食べたのだから、白瓜が完全に嫌いだったわけでは
ない。白瓜も胡瓜も形・色が似ている。
胡瓜は噛むとポキッと折れる。白瓜は折れない。
白瓜も胡瓜と同じように折れるものと期待しているのに、白瓜は
折れないので期待を裏切れた気分になる。
それだから白瓜は嫌いだった。

白瓜が売られているのを見た。
「あら、タイと同じよ。」ヌチャナートは白瓜を買い込んだ。
俺は白瓜は漬物でしか食べたことがない。
ヌチャナートは白瓜を煮込んだ。柔らかに煮えた白瓜は旨かっ
た。それ以来、白瓜を煮たものが好きになった。

胡瓜なら、いつでも売っているのに白売りは年中売っている
わけではない。先日、白瓜を見かけた。ヌチャナートは大喜び
だった。買ってきた白瓜を取り出してきた。
ヌチャナートは白瓜のことを胡瓜と同じく「テン」と呼んでいる。
タイ語でも白瓜と胡瓜は正式には違う言葉を使うはずだ。
「白瓜と鶏のトムチュートを食べるでしょう?」
「うん」俺は喜んで返事をした。

「美味しいわよ、味見して!」
鍋からスープをすくって味見をした。
いい味がでている。
食卓にトムチュートが出された。
早速、白瓜を食べる。
「アッチィー!」火傷しそうに熱かった。
ベランダで栽培しているパクチーが白瓜の上に乗っている。
パクチーの強い香りは嫌だったのに、今は全然、気にならない。
白瓜を煮るという日本人にはない発想の料理を俺は楽しんだ。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/13

|

« 毒餃子とお笑い芸人 | トップページ | 犬肉の安全検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20214975

この記事へのトラックバック一覧です: 白瓜と鶏のトムチュート:

« 毒餃子とお笑い芸人 | トップページ | 犬肉の安全検査 »