« ノーマイドング | トップページ | 豚足と大根 »

2008年4月29日 (火)

冷凍野菜とタイの農民

冷凍のインゲンを買ってきた。塩茹でにしてナムプリックをつけて
食べると旨い。
「ヌー、この豆 美味しいね」
「美味しいわね」
ヌチャナートも嬉しそうに冷凍のインゲンを食べていた。
「タイの人は野菜を冷凍することを知らないのよ。」
「・・・・・」
「野菜は安いから、食べないで腐らせて捨てることが多いの。」
「・・・・・」
「もったいないわね」

ヌチャナートの話を黙って聞きながら、タイの庶民の生活を思い
出した。タイにも冷凍野菜はあるが、それは金持ち階級が買物
をするスーパーでの話しだ。
庶民が買物をする市場には冷凍野菜なんてない。
みんな新鮮な野菜だけだ。
取立て・産地直売だ。生産者と消費者が直接結びついている。
今 流行の言葉ではエコ生活だ。
その表面的生活を見て、タイは理想的な自然に優しい、環境に
いい生活をしていると見たら間違いだ。

野菜は安い。タイの庶民の感覚でも野菜は安い。
安いと物を大切に扱わないのが人間の心理だ。
野菜を腐らせてゴミに出す。周辺が散らかり、悪臭がでる。
人口の割りにゴミが多いと見るのは俺の偏見か?
その一方で農家は高い値段で野菜を売りたいが、値上げすれ
ば野菜は売れない。
農家の収入は低いままに抑えられる。

冷凍野菜を食いながらこんなことを思っていた。

クチコミblogランキング TREview

2008/4/27

|

« ノーマイドング | トップページ | 豚足と大根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20648318

この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍野菜とタイの農民:

« ノーマイドング | トップページ | 豚足と大根 »