« カオニョオピン、タイ風焼お握り | トップページ | パットパク、野菜炒め »

2008年5月26日 (月)

タイカレーに素麺

P1050283pct13

タイカレーも味見して戴いた。
カレーを作るにはまずルウのようなものを作らなくてはいけない。
ヌチャナートは臼に香辛料を入れてポクポク叩いてカレールウの
ようなものをが作った。
見かけは味噌みたいだから唐辛子味噌と言えばいいだろう。
この味は母から娘に伝わった味だ。タイの田舎の家庭料理と
思えば間違いない。懐石料理なら姿・形が重要視されるが、
タイカレーの場合は色に重点が置かれる。
赤い色を出すために真っ赤な唐辛子粉をふんだんに使った。
今日は韓国料理用の唐辛子を使った。キムチなどの綺麗な赤い
色をだす唐辛子だと思う。
10数年前の冷夏の時、この色の綺麗な唐辛子も不作になり韓国
の主婦がキムチを作れないので大騒ぎしたことを思い出した。
その唐辛子がこれかもしれない。
ヌチャナートもこの赤い色に満足している。
「あら、綺麗な色になったわ。サミイ、見てよ!綺麗でしょ!」
「いい色に仕上がっているね」
この唐辛子味噌のようなルウを使ってタイカレーを作った。
「美味しい味になってるわよ」
俺も味見をした。タイで食べる味と同じだ。
屋台で食べるタイカレーの味を思い出した。
「これはタイの味と同じだね」
「そうね、これはタイと変わらない味よ」
この豊な香りはいつ食べても飽きがこない。
その位、俺はこの味が好きなのに、ヌチャナートには俺の好み
が理解できないらしい。
「なんでタイカレーなんて食べるのよ?」
美味いから、食いたい。
好きだから、食いたい。
理屈はそれだけだ。
日本人はたいていタイカレーを美味いと言う。
ココナッツの油と甘味。それに加わった香草の香りがいい。
そんな日本人の味覚をヌチャナートは
「不思議ね?」
と思っている。俺が頼んでもなかなかタイカレーを作ってくれ
ない。機嫌がいい時だけ、タイカレーを作ってくれる。

最近は日本のスーパーでも、タイカレーのルウのようなものを
買うことができる。
「これを買おうか?」と言うと
「要らないわよ!美味しくないのよ!」
きっぱり断られる。母から教わった味を自分で作る。
それがヌチャナートには一番美味しい味のようだ。

P1050289pct13

この素麺にタイカレーをかけて食う。この素麺は日本のものだ。
素麺は食べやすい玉にして出す。日本人の出し方とちょっと違う。
日本の素麺の出し方も涼しさを感じる情緒があるが、タイの素麺
の出し方もいい。いつでも一口分をさっと取れるのがいい。
多すぎることも少なすぎることもない。
日本の出し方だと、適量を摘んだつもりが取り過ぎたり少なかっ
たりする。
素麺を皿に一玉とる。それにタイカレーをかける。
ご飯にタイカレーをかけて食べても美味しいが、素麺にかけて
食べると違った美味しさがでる。

素麺をタイ人は実によく食べる。
日本で言えば駅の立ち食い蕎麦みたいだ。
ちょっと小腹が減ると素麺にカレーのようなものをかけて食べる。
注文すれば直ぐに出てきて、つるつるっと食べて、さっと出て行く。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

|

« カオニョオピン、タイ風焼お握り | トップページ | パットパク、野菜炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/21178542

この記事へのトラックバック一覧です: タイカレーに素麺:

« カオニョオピン、タイ風焼お握り | トップページ | パットパク、野菜炒め »