« 千枚のラープ | トップページ | カオパット »

2008年5月26日 (月)

タイ料理試食会

日頃お世話になっている方をウチにお招きしてタイ料理の
試食会をやった。今日の料理はカオパット、タイカレー、ヤム
ウンセン、ラープ、写真を撮るのを忘れたがトムカーガイ、パッカ
パオ、カオニョウピンも試食した。
秋刀魚の丸干し、お新香も食べて戴いた。
「タイ料理の試食会になんでお新香なの?」と不思議に思うだろう。
お新香のような食べ方はタイにはない。
日本でお新香を食べて、ヌチャナートは美味しい野菜の食べ方
を学んだ。
ヌチャナートは新しい料理を味見してもらいたかったのだ。
これは日本の味になっており、おおむね好評だったとしておこう。

秋刀魚の丸干しは日本人には珍しくない。
だが、その干し方が日本とは違う。
ヌチャナートは秋刀魚の頭を切り落としてしまう。
日本人の目から見ると、なんとも不恰好な丸干しだ。
焼き上げた丸干しを唐辛子ソースをつけて食べるとタイ風の味
になる。醤油をたらして食べるのとは一味違う。

トムカーガイはココナッツを使った鶏肉シチュウと思えばいい。
レモンやタマリンドの酸味を加える。唐辛子は約束のように必ず
入る。酸味があって辛いシチュウだ。この味は何処の国の人にも
受ける味だと思う。

パッカパオもあったな。これは俺の好物だ。
これが出た時はお腹が一杯になりはじめたのか?
辛さにまいったのか?
手が出る速度が鈍っていた。

今日の試食会は食文化の差を見ることが目的だ。
美味しいとか、美味しくない、好きだ嫌いだとかは別問題だ。
「世の中にはこんな味があるのだ」
「この味を美味しいと感じる人々がいるのだ」
それが分かってもらえればいい。
タイの食文化を理解してもらえて、ヌチャナートも喜んでいた。

何品かを試食して戴いた、その結果を別に掲載しよう。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

|

« 千枚のラープ | トップページ | カオパット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/21177731

この記事へのトラックバック一覧です: タイ料理試食会:

« 千枚のラープ | トップページ | カオパット »