« 食べて健康5018 | トップページ | パーヌング、小鯛の蒸し煮 »

2008年5月 2日 (金)

焼うどん

P1050009pct13

茹でうどんがある。これをどうやって食べるか?
「汁入りのうどんがいいでしょ?」
「炒めてくれ」
「汁があるほうが美味しいわよ」
「炒めたものを食べたい」
俺が焼きうどんが食べたいと言うのでヌチャナートはうどんを
炒めた。日本人好みの味に仕上げようとしたらしい。
ヌチャナートが頭で考える日本の味だ。
何処かがぼけた味だ。
以前はタイの味で焼きうどんを作った。
その時はまとまった味で美味かった。
レモンを絞って酸味を加えた。
焙煎した唐辛子も加えた。こうしてタイ風の味付けにしてみた。
「その唐辛子は辛いわよ」
辛味がないと、なんとなく食べにくい体質になっているようだ。
何にでも唐辛子を欠けて食べるのが習慣になった。
味は体で覚えて作るものだ。
頭で考えて日本風の味にするのはやはり無理だな。
「スープいるでしょ?」
「うん」
自分で「スープが欲しいか?」と聞いているのに、どんなスープ
を作るか考えていないようだ。
「スープ、どうしようかしら?」独り言を言っている。

焼うどんの味はあんまり評価はできなかったが、スープはよい味
になっている。このスープはタイで作った味、ヌチャナートの味だ。
まとまった味になっている。
やっぱり長い経験で培われた味はよいものだ。
日本人の好みに合わせようと無理して作った味は日本人の好み
に合わないものだ。なんだかいい勉強をした。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/2

|

« 食べて健康5018 | トップページ | パーヌング、小鯛の蒸し煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20717075

この記事へのトラックバック一覧です: 焼うどん:

« 食べて健康5018 | トップページ | パーヌング、小鯛の蒸し煮 »