« 食べ物と健康5168 | トップページ | 食べ物と健康5189 »

2008年5月17日 (土)

蕪の茎と環境のこと

P1050200pct13

白い大きな玉がなっている蕪を買ってきた。
茎も青々としている。
「ねぇー、茎はどうする?」
「炒めると、美味しいよ」
蕪の茎を炒めてくれた。よい味になっている。
「味付けはどうしたんだい?」
「塩と味の素。それからちょっと醤油をいれたの」
たったそれだけの単純な味付けだ。
茎なんて捨ててしまう人が多い。
こうやって美味しい物を食べると、
「なんてもったいないことをするのだ!」
とつい思ってしまう。食べ物を無駄にしてはいけない。
「茎まで食べるなんてケチなことをする。貧乏たらしい!」
なんて軽蔑する人がいるだろう。

最近、環境問題とケチは同意語だと思うようになった。
環境に優しいというのはゴミをださないことだ。
ゴミをださないように、食ってしまうこと。これはケチ。
一つの物を長く使うこと。これもケチ。
皿洗いの洗剤も薄めて使う。これは完全にケチ。
車を急発進させないのもケチだ。
法定速度を守り、なるべく交差点で停車しないで通過できる
ように運転するのもケチ。
「環境のために・・・」と大上段に構えると何をやったらいいの
か分からなくなる。
ケチをすると環境保護につながる。
蕪の茎を食いながらこんなことを考えていた。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/14

|

« 食べ物と健康5168 | トップページ | 食べ物と健康5189 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/20999822

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪の茎と環境のこと:

« 食べ物と健康5168 | トップページ | 食べ物と健康5189 »