« カタクチイワシの一夜漬け | トップページ | ヤムプー、タイ風蟹サラダ »

2008年6月18日 (水)

ガイピン、タイの焼鳥

P1050545pct13

また何時もの台詞が始まった。何でもいいから食える物を
作ってくれ。文句を言わないでそれを食べるからさー。
「今晩、なにを食べたい?」
ああ、面倒だ。
「何でもいいよ」
「鶏?豚も牛もあるわよ。何にする?」
面倒だから鶏にした。
「鶏をどうやって食べたいの?煮る?焼く?」
ヤケクソ?で焼くを選んだ。
鶏を焼いて出してくれた。
食べやすいように一口大に切ってある。
日本人なら、狐色に焼けた皮を上にして大きいままだす。
ああ、やっぱりこんな所に食習慣の差がでるのだ。
ため息に似たようなものがでる。
食文化の差はなかなか修正がきかない。

焼とりを唐辛子ソースをつけて食べる。
食事の量を抑えなくてはいけないのに、唐辛子の辛味があると
食が進んでしまう。

クチコミblogランキング TREview

2008/6/17

|

« カタクチイワシの一夜漬け | トップページ | ヤムプー、タイ風蟹サラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/21723646

この記事へのトラックバック一覧です: ガイピン、タイの焼鳥:

« カタクチイワシの一夜漬け | トップページ | ヤムプー、タイ風蟹サラダ »