« 唐辛子の葉 | トップページ | トムチュートガイ、チキンシチュウ »

2008年6月22日 (日)

シャケの混ぜご飯、タイ版

P1050600pct13

薄塩のシャケの身をご飯と混ぜた。彩が綺麗な料理だ。
こんな料理はタイで見たことがない。
ご飯の隣にはパッカパオがある。
パッカパオは昨日の残り物だ。
レモンをぎゅーっと絞る。旨味がましたが物足りない。
生唐辛子を加えると、満足が行く味になった。
「ああ、唐辛子がないと飯が食えなくなったのだ。タイ料理に
飼い馴らされているな。」
なんだかため息がでた。

飯を食いながら、ヌチャナートに聞いてみた。
「これと同じ料理がタイにあるかい?」
「ないわよ。」
やっぱり同じような料理はタイにはない。
日本に来て、この料理を発想したのだ。
「魚を入れるのはないわ。鶏肉ならあるわよ」
「ご飯を鶏のスープで炊き込んだ奴だろ?」
「そうよ」
カオマンガイという料理のことだ。
タイの屋台で定番料理というところかな?
カオマンガイの鶏肉をシャケに変えたようなものだ。

見た目はシャケの混ぜご飯だが、ナンプラ、レモン、唐辛子で
味付けしたから、日本の混ぜご飯とは味が違う。
うっかり食べたなら、唐辛子の辛味で飛び上がっちゃうだろうな。

クチコミblogランキング TREview

2008/6/22

|

« 唐辛子の葉 | トップページ | トムチュートガイ、チキンシチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/21819233

この記事へのトラックバック一覧です: シャケの混ぜご飯、タイ版:

« 唐辛子の葉 | トップページ | トムチュートガイ、チキンシチュウ »