« タイ風ハンバーグ | トップページ | 鶏と胡瓜の炒め物 »

2008年6月 8日 (日)

パパイヤの芽が出た

P1050479pct13

俺が子供の頃はパパイヤなんて名前は知っていても、それが
どんな物か知らなかった。
今ではパパイヤは安いし何処でも買える。
「名前を聞いたことがある」「美味しいと聞いていた」パパイヤの
味を想像する。人間と言うのは面白い物で、想像上の味は
とてつもなく美味で、この世を忘れるような味を想像する。
パパイヤを初めて食ったら、想像していた味とはまるで違う。
「なんだこの味!こりゃぁー、ぼけた柿の味じゃないか!」
がっかりしたことを覚えている。

ベランダの鉢に新しい芽がでている。
雑草の芽だろうと思っていた。
「サミイ、見てよ!パパイヤの芽が出ているわ!」
俺が雑草の芽だと思ったのは、パパイヤの芽だった。
「この間のパパイヤの種を植えておいたのよ」
記録を見ると、ヌチャナートが言う「この間」は昨年の11月
だった。パパイヤを食べて、数珠球のような種をヌチャナートは
鉢に植えたというより、鉢にばら撒いた。
いつの間にか種が土の中に隠れた。
パパイヤの種を蒔いたことも忘れていた。
その芽がでてきたというわけだ。
冬ではだめだが、暖かくなったので季節が合ったのだろう。
地球温暖化でウチも亜熱帯になったのか???
これから暑くなるともっと伸びるだろう。
「大木になるのだろう?」
こんな場所で背丈以上の木を育てられない。
どうする気なのだろう??
「大きくならないわよ」
「・・・?????」
多分、葉や芽が出てくると摘んで食べてしまうのだろう。
パパイヤの実がなると面白い。
青い実をとってソムタムにして食べるのだろうな。
無理だ!絶対に無理だ!自家製のパパイヤでソムタムを作る
なんて無理だ!

クチコミblogランキング TREview

2008/6/8

|

« タイ風ハンバーグ | トップページ | 鶏と胡瓜の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/21490849

この記事へのトラックバック一覧です: パパイヤの芽が出た:

« タイ風ハンバーグ | トップページ | 鶏と胡瓜の炒め物 »