« ニョッキのタイ風お粥カオツム | トップページ | どら焼とカノムトーキョ »

2008年7月 6日 (日)

鶏の足と誤解

P1050711pct13

この写真の料理を食いながらいろいろ考えた。
業務用の冷凍カレーに鶏の足を加えて煮込んだ物と考えれば
いい。このカレーは業務用だから、味の基本はできている。
店で何かを加えて独自の味に仕立てればいいという便利な品だ。
醤油とタイの香草・唐辛子を加えているので、インドカレーの香り
はない。
俺から見ればタイ料理だ。
ヌチャナートから見ると日本料理だ。
この料理にはこんな誤解があった。

誤解 1
タイには多くのインド人が住み、宝石店、料理店などを経営して
いる。しかし、偏見で?色が黒いインド人やインド料理をタイ人
は好まない。ニンニクを多用する中華料理や朝鮮料理をチャン
コロや鮮人の料理と言って日本人は彼等の料理を低くみていた。
それと同じようにタイ人は自分達が使わない香辛料を多用する
インド料理をタイ料理より下位の料理と位置づけている。インド
料理を食べようと言うタイ人は少ない。
ヌチャナートもインド料理やインドカレーを知らない。ヌチャナート
は日本に来て、日本人がカレーを好んで食べるのを知った。
日本人が食べるカレーはインドが源だと知らないヌチャナートは、
カレーは日本の料理だと誤解している。

誤解 2
鶏の足なんて日本人は食べない。食べる物ではないと日本人
は誤解している。タイ人は鶏の足をよく食べる。
タイの露店で売っている鶏の足の唐揚は旨い。そんな話をすると、
「タイ人のような下等な国民が食べる物を、高等な日本人が食べ
られるか!!」なんて言う。最近は少なくなっているが、日本人
には白人に対する劣等意識がある。
欧米人がやることなら受け入れるが、東南アジア人がやること
は受け入れない。
ポルトガルの首都リスボンでは鶏の足を煮込んで売っている。
日本の立ち食い蕎麦かハンバーグのように気楽に立ち寄って
鶏の足を食べている。タイ人が食べる物は受け入れないが、
ポルトガル人が食べる物なら受け入れる。
そんなおかしな考えがでてくる。

今の日本は鶏の足は食べない。
食糧問題、食糧自給率問題が討議されると、安価で良質な
蛋白源である鶏の足も当然、食べるようになる。
「コラーゲンが豊富で美容にもいい」
なんて自慢げに話すようにもなるだろう。
俺が今「鶏の足は旨い!よい食糧源だ!」
と叫んでも誰も相手にしない。
「ふん!貧乏人だから鶏の足まで食っている!ゲテモノ食い!」
と蔑む人が多いはずだ。
日本でも鶏の足をごく普通に食べる日は近づいている。

誤解 3
鶏の足を食べながら、ヌチャナートにこの料理の名前を聞いた。
「知らないわ。これ日本の料理でしょ?」
「えっ!・・・・・????」
これが日本の料理だって?どう見たって日本の料理ではない。
日本人は鶏の足を食べない。これだけでも日本の料理とは考え
られない。ヌチャナートはタイ人が鶏の足を食べるから、日本人
も当然のように鶏の足を食べる物と誤解している。
大量の唐辛子を加えたことは忘れている。日本の料理にこんな
辛い物はない。タイ人が何にでもナンプラを使うように、日本人
は何にでも醤油を使う。醤油で味付けすれば、なんでも日本
料理だとヌチャナートは誤解している。カレーを日本料理と誤解
している上に、醤油で味付けしたから
「これは完璧な日本料理だ」とヌチャナートは誤解している。

誤解の塊のような料理だが、良い味にまとまっている。
油とコラーゲンが多いので、冷めると食べにくい。
熱いうちに食べると、「鶏の足はうまい!」と驚く味だ。

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2008/7/5

|

« ニョッキのタイ風お粥カオツム | トップページ | どら焼とカノムトーキョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/22106483

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏の足と誤解:

» リスボンの口コミ情報 [海外旅行ガイド]
ポルトガルのリスボンへの旅行。 口コミ情報を探してみました。 [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 20時25分

« ニョッキのタイ風お粥カオツム | トップページ | どら焼とカノムトーキョ »