« タイ料理の作法 | トップページ | ゲンパーパクナム、瓢箪のシチュウ »

2008年7月10日 (木)

鍋底の穴 幸福のサイン

こんなタイトルの投稿記事があった。
「いまどき、鍋底の穴なんてなんだ?」不思議に思い記事を読んだ。

夫に出会う前から使っていた鍋だ。道具がなかった新婚時代、
子供が三人生まれ、ラーメン作りなどに大活躍した鍋だ。
運動会の弁当作りの最中に鍋に穴があいた。
なんで運動会の日に?子供が元気に育ってくれたことに感謝しろ
というサインに思えた。思い出すと涙がでてきた。
鍋の小さな穴に大切なことを教えてもらった。(主婦30歳)

そんな内容の投稿記事だった。
今じゃあ、100円ショップでも買えるステンレスの鍋なんて、昔は
なかった。アルミの鍋が普通だった。鉄鍋は大砲や軍艦作りの為
に供出しちゃったので鉄鍋などどの家庭にもない。
アルミの材質が悪かった。直ぐに穴があいた。
飯の真ん中に赤い梅干をのせる弁当を日の丸弁当と言った。
弁当箱のアルミと梅干の酸が反応して弁当箱の蓋に穴があく。
溶け出したアルミがついた飯は金属臭がして不味かった。

今のスバル自動車の前身は中島飛行機だ。敗戦で飛行機作り
ができない会社は飛行機に使うアルミで 鍋を作り売っていたと
いう話を聞いたことがある。

今だったなら、穴の開いた鍋など当然のように捨てる。
穴があいていなくとも、汚れが落ちないから、デザインが飽きた
から・・・・・などの理由でまだ使えるものを捨てている。
ウチの料理に使っている鍋よりも綺麗で高級な鍋が捨てられ
ている。拾って使いたいくらいだ。拾ってきたら、今、使っている
鍋を捨てなくてはいけない。それは俺が無駄遣いに加担している
のと同じだ。ヌチャナートもそれを見て笑っている。
「あら、ウチのお鍋より良いものが捨ててあるわ」
もったいない、まだ使えるのにと思いながら横目で見て通り過ぎ
ている。
「タイなら十分に使えるわ。金属を売ることも出来るわ」

今でも昔でも穴のあいた鍋は使えない。敗戦後の物がない時代
でも小さな穴が開いた鍋を捨てるのは勿体無いと考えた。
当時のおばあさんの知恵で、穴に真綿を詰めればまだ使える
というのがあった。この方法を俺はやったことがない。
多分、水漏れは起こらないだろうが、真綿に食中毒菌が繁殖
する危険性がある。でも鍋は火にかけるのだから、食中毒菌は
殺菌される?そんな知恵もあった。

鍋修理用に細いアルミのリベットを売っていた。
鍋底の穴にリベットを通す。平らな場所に鍋を置き、金槌でリベット
を叩くと穴は見事に塞がる。俺もそうやっていくつかの鍋の底を
修理した。
日本の経済が復興して大量消費、大量廃棄の時代になった。
アルミの技術が進歩してアルミの鍋に穴が開くことがなくなった。

タイの屋台で使っているアルミの鍋はボコボコ・デコボコだ。
アルミ板が薄いのか、彼等の取扱が乱暴なことによる。
そんな鍋なのに、穴を修理した跡がない。
タイのアルミでも穴があくことがない。アルミの精錬技術が進歩
しているのだ。あのタイ人ですら鍋の穴を修理する必要がなく
なっている。アルミ鍋修理用のリベットをタイで売っているのを
見たことがない。

投稿記事を読みながら、昔のことやタイの普通の人々の生活を
思い出していた。
穴が開くまで大切に鍋をつかった30歳の主婦に応援を送りたくなった。

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2008/7/5

|

« タイ料理の作法 | トップページ | ゲンパーパクナム、瓢箪のシチュウ »

コメント

はじめまして。私は出版社バベルプレスの千田と申しまして、感謝についての書籍「Thank You Power」の刊行にあたり、感謝や幸せについて書かれたサイトを拝見して、勉強させてもらっている者です。
あなた様の貴重なお話を、私たちのサイトを訪れる方々にもご紹介できたらと思い、書き込みをさせていただきました。突然の書き込み、失礼いたします。
私どもバベルプレスでは、9月後半発売予定でデボラ・ノービルの『サンキューパワー』日本語版を刊行いたします。サンキューパワーは感謝が心身の健康や人生に及ぼす影響について科学的に書かれた本で、アメリカではベストセラーになっています。日本でこの本をご紹介するに当たり、少しでも勉強しなければと考え、感謝について書かれたサイトを見学させていただいております。
日本語版刊行に先駆け「サンキューパワーワンダーランド」と名づけたサイトをオープンしました。こちらには「ありがとう」や「感謝」についてみなさまにお書きいただく掲示板「サンキューパワープラザ」がございます。こちらの掲示板にご投稿いただいたみなさまの感謝にまつわる貴重なお話は、eBOOKとして販売させていただければとも考えております。よろしければ私どものサイトを一度お訪ねいただき、掲示板よりお話をご投稿いただけたら幸いです。お待ちいたしております。その際は、ブログ名をお書きくださいますようお願い申し上げます。URLは、http://www.thankyoupower.jp/です。上のバーの薄緑色「サンキューパワープラザ」よりお入りいただき、下のほうにある『投稿ページはこちらから』よりご投稿をお願いいたします。ご投稿、お待ちしております。

投稿: senda | 2008年9月12日 (金) 17時37分

たびたびおじゃましております。バベルプレスの千田です。先日、『Thank You Power』日本語版を9月発売予定とお知らせしましたが、発売日が延びておりまして申し訳ございません。書店さんに並ぶのは12月上旬ころになりそうで す。現在HPで予約を開始しております。ご参考までに詳細をお知らせします↓
<予約販売について>
・11月30日までの期間限定
・予約価格は1700円〈消費税込み〉で送料無料
(書店では12月上旬発売。通常価格の1890円)
・500部限定
※サンキューパワーはアメリカのベストセラーで、感謝の習慣が心身の健康や人生に及ぼす影響を科学的に検証した本です。研究結果だけでなく、感謝に生きるひとたちの感動の物語も紹介されています。

投稿: senda | 2008年11月14日 (金) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/22194790

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋底の穴 幸福のサイン:

« タイ料理の作法 | トップページ | ゲンパーパクナム、瓢箪のシチュウ »