« ブランド米も偽物 | トップページ | パッカパオ »

2008年7月14日 (月)

唐辛子でダイエット

P1050763pct13

今日は鷹の爪と称する唐辛子を買った。中国品だ。
俺の知識では鷹の爪は指先ほどの大きさだが、この鷹の爪は
普通の唐辛子と同じ大きさだ。まさか鷹の爪と称すると高く売れ
るので鷹の爪と偽称しているのではないだろうな?
ウチの料理に必要な唐辛子は綺麗な色と、味と香りを持つ物だ。
名前なんかどうでもいいし、これが本物の鷹の爪かどうかは
今の俺には興味がない。

俺が興味を持ったのは唐辛子が入った袋の裏に書いてある
文だ。
「唐辛子にはなんとシェイプアップ効果があります!」
と書いてある。これは薬学的に説明がついている。
唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは体脂肪の燃焼を助け
るからシェイプアップ効果はあるとみて良いだろう。
更にこんな内容の文があった。
「東南アジアの人々に肥満が少ないのは唐辛子を沢山食べて
いるからです」
たしかに東南アジアの人々には肥満が少ない。
肥満が少ない理由を俺は唐辛子と結びつけて考えていた。
カプサイシンの効果は間違いなくある。
辛くて食えなくすることで少ない食料で食事を終わらせるために
唐辛子を多用するとも考えた。唐辛子を多用するのは食べ物を
節約するための知恵と考えたのだ。
少ししか食べなければ太ることはない。これは明白だ。
ヌチャナートの食傾向を見ると、この観察は間違いのようだ。
プリッキヌーと言う辛い唐辛子を30-40本入れたソムタムを
「辛味がキクー・・・」「いい辛味よ!」と言いながら食べている。
面白いことに、「辛らーい!」と言う時は、休み休みソムタムを
食べる。

東南アジアをタイに限って俺が観察したところではこの説明は
正しくないと感じるようになった。この袋の説明だと唐辛子を
沢山食べればどんなに食べても太らないと勘違いする。

タイの経済は向上している。金が手に入ると人間は食べ物を
沢山食べるようになる。塩漬けの魚しか食べなかった人々が
肉を食べるようになった。食事の量も多くなった。
交通手段としてバイクを買えるようになった。
昔は歩いた距離を行くのにバイクを使うようになった。
沢山食べ、運動が減る傾向になった。
その結果、最近では太った女をよく見かける。

幾ら辛い料理でも食べ過ぎると太るというのが俺の結論だ。
唐辛子でダイエットと言って何にでも唐辛子を入れて食べても
痩せない。
やはり、摂取カロリーを減らし、適度な運動をすることが大切だ。

2008・7・13

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« ブランド米も偽物 | トップページ | パッカパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/22280846

この記事へのトラックバック一覧です: 唐辛子でダイエット:

« ブランド米も偽物 | トップページ | パッカパオ »