« 薩摩揚げ風ハンバーグ | トップページ | パットパク、野菜炒め »

2008年8月 6日 (水)

唐辛子の評価

我々は唐辛子を余り使わないから唐辛子の良し悪しがわから
ない。わからないと言うより、辛さ以外に品質なんてあまり気に
しない。我々が唐辛子を使う場合を考えてみよう。
漬物を漬ける時に入れる。
味噌汁にかける人もいるな。
ヤキトリにかける。
牛丼にもかけるな。
あんまり、使わないな。使ってもその量は少ない。

これは日本人だけではない。アメリカでも似たようなものだ。
アメリカの唐辛子ソースのラベルに「一滴で大丈夫」なんて書い
てあった。そうなんだ、アメリカ人も日本人と同じようにあんまり
唐辛子を使わないのだ。

当然の話だが、唐辛子を沢山使う人々は唐辛子に対して厳しい
目を持っている。色、香、辛味の違いなどで品質を決めて、
それぞれの唐辛子の特性に従って使い分けている。

10数年前の冷夏の時は韓国も冷夏の影響をうけてキムチに
使う綺麗な赤い色を出す唐辛子ができなくて困っていた。
色付けを良くする為に普通の唐辛子を沢山入れると辛すぎて
美味しくない。韓国も唐辛子を沢山使うから、唐辛子を目的に
よって使い分けるのだ。日本では考えられない習慣だ。

先日、韓国の色よい一味唐辛子があった。
「あら、良い唐辛子があるわ」と言ってヌチャナートは赤い唐辛子
の粉を買った。それをゲンカリか何かに使った。
ウチには何種類かの唐辛子がある。そのうちの一種類を買い
足すのを忘れた。
「ああ、ここに唐辛子があるからこれでいいか?」
韓国の色よい唐辛子の粉をヌチャナートに見せた。
「駄目よ、そんなもの。色が良いだけで不味いわよ!」
ぴたっと断られた。
俺には普通程度の辛味とちょっと油っ気を感じる程度だ。
特に他の唐辛子と比べて味が劣るとは思えない。
ヌチャナートにすれば、この唐辛子は色は良いけど味は劣る。
でも特定の用途にはこの唐辛子は使えると見ている。

タイ人は辛ければ、唐辛子なら何でもいいのだと思っていた。
例えばタバスコソースは唐辛子ソースだから、ヌチャナートは
好むと思った。少なくとも拒否はしないと思った。
しかし、タバスコソースはヌチャナートには不味い唐辛子ソース
だと分かった。ヌチャナートの唐辛子に対する評価は厳しい。

2008/8/6

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 薩摩揚げ風ハンバーグ | トップページ | パットパク、野菜炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/22823564

この記事へのトラックバック一覧です: 唐辛子の評価:

« 薩摩揚げ風ハンバーグ | トップページ | パットパク、野菜炒め »