« ソムタムの辛さ | トップページ | パパイヤと茸 »

2008年8月30日 (土)

コカコーラの単純計算

昔コカコーラが日本に入ってきた時、排米運動のようなものが
起こったのかなぁー?日本のジュースメーカーなどが、コカコーラ
の実力を知っているので意図的にコカコーラを日本から押し出そ
うとしたのかもしれない。
コカコーラはそれに必死に反発した。
新聞に全面広告をだした。それも何回もだした。広告曰く
「コカコーラは日本で90%以上原料を調達しています」と言った
内容だったのを覚えている。
パーセントというのが数字の魔法なんだ。
価格を基礎に数字をだしているのか、重量を基礎に数字をだして
いるのかによってパーセントは当然変わってくる。
500mlのペットボトル入りのコーラを考えてみよう。
アメリカから運んでくるのはコーラの原液だけだ。
水までアメリカから運んでこない。水は日本で調達できる。
しかも美味しい水だ。日本で調達した水に砂糖や、コーラの原液
を加えた物がコカコーラだ。

自販機で売っているコカコーラの値段は場所によって違う。
俺が見かける場所ではペットボトル入りのコーラは150円で売ら
れていることが多い。同じくコカコーラから出されているミネラル
ウオータは120円だ。
単純計算でコカコーラ原液の値段は30円なんだ。

喉が渇くと今まではコーラを飲んでいた。
コーラは他の飲み物と違って、喉の渇きを忘れさせてくれる作用
があるからだ。最近は、糖分の取りすぎを恐れてミネラルウオー
ターを飲むことにしている。
そうするとコーラの原液の値段は30円なのだといつも思ってしまう。
コーラの他にも水に砂糖と香料を加えただけの○○レモンとか
○○シトロンと言う商品がある。それらの商品については原液
の値段は気にならないのが自分でも不思議だ。
この現象は昔の広告の影響なんだろうな。

2008/8/29


TREview

|

« ソムタムの辛さ | トップページ | パパイヤと茸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/23350190

この記事へのトラックバック一覧です: コカコーラの単純計算:

« ソムタムの辛さ | トップページ | パパイヤと茸 »