« ナムプリックパーヤング、カマスの唐芥子味噌 | トップページ | 雲南のタイ族料理 »

2008年8月28日 (木)

海老を醗酵させる

P1060318pct13

海老を買って来た。トムヤンクンでも作るのかな思っていた。
俺は大きな海老を使ったトムヤンクンより、小さい海老の
トムヤンクンの方が好きだ。小さい海老の方が煮過ぎても身が
柔らかいからだ。
この海老はトムヤンクンにするにはちょうど良い大きさだ。

海老の殻を剥いている。
これで何かを作ると言っていた。今晩の料理は海老だなと覚悟を
決めていた。
「サミイ、見て!」
海老とニンニクが瓶に入っている。瓶の蓋はきちんと閉めて
ある。この海老を醗酵させるつもりだ。
旨味も強いが、くさ味も強いものが出来上がる。
以前、同じようなものを川海老でやっていた。
「あら、美味しくできたわ」
なんて言っているが、臭いを嗅いだだけで俺は食わなかった。

海老や蟹は熱をかけると赤くなる。
保存されていた川海老は熱をかけないのに、赤くなったので
驚いた。今日のこの海老も保存しているうちに醗酵が進み赤く
なるのだろうか?

2008/8/27


TREview

|

« ナムプリックパーヤング、カマスの唐芥子味噌 | トップページ | 雲南のタイ族料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/23303120

この記事へのトラックバック一覧です: 海老を醗酵させる:

« ナムプリックパーヤング、カマスの唐芥子味噌 | トップページ | 雲南のタイ族料理 »