« ゲンパクラオ、ラオス風野菜シチュウ | トップページ | 海老を醗酵させる »

2008年8月27日 (水)

ナムプリックパーヤング、カマスの唐芥子味噌

P1060312pct13

小さなカマスを焼いた。
「これを唐芥子で食べるのよ」なんて言っている。
唐芥子ソースをつけながら食べるのだと思ったが何時までたっても
食べ出さない。そのうちに、臼で何かをポクポク叩いている。
魚を焼いてからもう随分と時間がたっているが食事を始めようと
言い出さない。

やっと食事をしようと言う。
食卓を見て驚いた。カマスは頭しか残っていない。
俺はカマスを食べない。ヌチャナートは何時カマスを食べた
のだ?「はい」と出されたものはナムプリックパーヤングだった。
カマスの身を唐辛子や香草と叩き潰したものだ。
魚を余り食べない俺だが、これは大好きだ。
香草の香りに魚の生臭さが消えてしまう。

これを熱いご飯に乗せる。
もうこれだけでご飯が美味しくなる。
ふりかけさえあれば何杯でもご飯が食べられるという日本人が
いる。ナムプリックパーヤングだけで何杯でもご飯が食べられる。
谷中生姜と一緒に食べてみた。
生姜の辛味と唐辛子の辛味が一緒になる。
生姜の香りとタイの香草の香りが一緒になり、これもいけるの
ではないかなと思った。

2008/8/26


TREview


|

« ゲンパクラオ、ラオス風野菜シチュウ | トップページ | 海老を醗酵させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/23281383

この記事へのトラックバック一覧です: ナムプリックパーヤング、カマスの唐芥子味噌:

« ゲンパクラオ、ラオス風野菜シチュウ | トップページ | 海老を醗酵させる »