« ジャスミンライス | トップページ | 薩摩揚げ風ハンバーグ »

2008年8月 4日 (月)

手で食べる

ご飯を手で食べるのは日本ではお行儀が悪い食べ方だ。
例外はお握りとお鮨だ。お握りはもともと、携行食として考え出
されたものだから、箸を使って食べることを前提としていない。
鮨も手で食べるのが普通だ。箸だと魚と飯を同時に掴むのが
困難だ。手なら、魚と飯を同時につまみ、適量の醤油をつけ
られる。鮨を手で食べる方が合理的なのだ。

日本人が米飯を箸で食べるのは米粒が粘るので手では食べ
にくいから道具を使う。それと温度の問題がある。
日本人は炊き立ての熱々のご飯を好む。手では食べることが
できない。箸で飯を食べるのが普通になっているので、手で飯
を食べるとお行儀が悪いとなってしまった。
道具を使って飯を食べるのが、文明的とか衛生的と考えたの
ではない。熱くて火傷しそうだし、手に米粒がべたつき食べにく
いから箸を使うだけの話だ。

これがタイに行くと状況が変わる。
バンコック周辺ではスプーンで飯を食っているが、東北部に行く
と人々は手で飯を食っている。それはバンコック周辺ではうるち
米を食うが、東北部ではもち米を食っているからだ。

あんなパサパサで水っぽいタイのうるち米を手で食べようとして
も食べられる物ではない。お握りにしようとしても握れない。
鮨のように纏めようとしてもまとまらない。
スプーンですくって食べるのが一番食べやすい方法なのだ。

日本の赤飯より硬く蒸し上げたタイのもち米を箸を使って食べ
ようとしても食べにくいだけだ。はっきり言って食べられない。
米粒が手にべたつかないので、手で食べるのが合理的で
食べやすい。

自分達の国で取れる米をいかに美味しく食べるかで、ご飯の
食べ方が変わっていることがこれで分かる。
タイ人の衛生観念が低いから手で食事をしているのではない。

ちょっとインターネットで調べごとをしていたら、こんな記述が目
に入った。
「インディカ種の米だから手で食べると美味しい」と言っていた。
俺が思うにインディカ種の米にもうるち米ともち米がある。
もしうるち米だったなら、この記述は間違っている。
手でうるち米を食べるのは困難だ。
インディカ種のもち米のことを言っているのなら、この記述は
正しい。だが、
「手で食べると美味しいから」という記述は間違っている。
箸やスプーンで食べようとしても食べにくいから、もち米を手で
食べているだけなのだ。

2008/8/4

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« ジャスミンライス | トップページ | 薩摩揚げ風ハンバーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/22773217

この記事へのトラックバック一覧です: 手で食べる:

« ジャスミンライス | トップページ | 薩摩揚げ風ハンバーグ »