« 世界三大スープって何か | トップページ | 朝顔を食べる »

2008年9月22日 (月)

カノムパンチャン、月餅の食べ方

P1060469pct13

タイの月餅を戴いた。ヌチャナートはちょっと味見をして
「美味しいわ!」と喜んでいた。
月餅のことをタイ語ではカノムパンチャンと言う。
「月のお菓子」と言う意味だ。
中国の伝統がタイに入り、菓子の名前に「月という言葉」が残って
いるのが面白いと思った。

日本の月餅とは違い、砂糖漬けの瓜が入っている。
甘味は思ったほど強くはないが、良い味だ。
砂糖漬けの瓜や水分の少ない分厚い皮を食べると口の中が
パサパサになる。どうしても水分が欲しくなるから、月餅を食べる時、
日本人はお茶と一緒に食べる。
しかしタイ人には茶、特に熱い茶を飲む習慣がない。
冷たい水と一緒にタイ人は月餅を食べるのだろうと想像していた。
甘いお菓子だから、タイ人も当然おやつのように食べるのだろうと
日本人は思う。

P1060471pct13


「月餅って、お年寄りが好きなのよ」
「ふーん」別に驚かない。
「お年寄りはご飯と一緒に月餅を食べるのよ。」
「えっ!?」
こんな甘い月餅をご飯のおかずにするのか?
「お年寄りは甘い物が好きなのよ」
「・・・・・」
赤い西瓜をおかずに美味しそうにご飯を食べていたお年寄りをみた
ことがある。それを見た俺は飽きれて笑い出してしまった。
月餅をおかずにご飯を食べているお年寄りを見たら、
「バッカじゃない!」と思いながらも、きっと日本人は笑い出すと
思う。
愉快な食習慣だと優しく理解しましょう。

味の好みは年齢と共に変化する。
例えば子供はビールの苦味を嫌うが、大人になるとあの苦さが旨味
になる。若い頃から辛い物ばかりを食べ続けたタイのお年寄りは、
晩年には甘い物を好むようになるのかな?


TREview

2008/9/22

|

« 世界三大スープって何か | トップページ | 朝顔を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/23931498

この記事へのトラックバック一覧です: カノムパンチャン、月餅の食べ方:

« 世界三大スープって何か | トップページ | 朝顔を食べる »