« 四角豆 | トップページ | 葉唐辛子の炒め物 »

2008年9月19日 (金)

タイ料理とポルトガルの影響

日本の食品にはポルトガルの影響がある。天麩羅なんてその最高峰
だろう。ポルトガル人が日本に来た頃、ポルトガル人はタイにも
来ていた。タイのアユタヤにポルトガル人は来て貿易をし、彼等の
食文化をタイに残してきた。ポルトガル人が残した食文化は今も
めんめんとタイの人々に引き継がれている。
ちょっと調べた所では菓子類にポルトガルの影響が強く残っている
ようだ。今日、観光でバンコックに来たポルトガル人は故国で見る菓子
と同じ菓子を昔ながらの製法でタイで作られているのを知って驚く
そうだ。

タイの料理には油で揚げるというのはなかったそうだ。
ポルトガル人が食べ物を油で揚げることをタイに伝えたとのこと。
つまり天麩羅の技術をポルトガル人はタイにも伝えたのだ。
現在でも天麩羅に似た物はタイにもあるようだ。
「あるようだ」なんて自信のない表現になってしまった。
俺は天麩羅のようなものをタイで食べたことがあると思うがはっきり
思い出せない。見た目、姿かたちが天麩羅なので、タイの食堂・レスト
ランで天麩羅を見ても食べようとはしなかったのだろう。
「日本で食べられる物をタイで食べる必要はない。タイでなくては
食べられないものを食べるべきだ」なんて俺は思って天麩羅のような
ものを意識的に避けたのかもしれない。
食べたとしても、感動がなかったのだろう。
ポルトガル人がタイと日本に天麩羅を伝えたのだと知っていたら、
感動していただろう。

「タイにも天麩羅はあるだろう?」ヌチャナートに聞いてみた。
「あるわよ」やっぱりそうか。
「小麦粉をつけて、揚げるのかい?」
「そうよ」それなら間違いなく天麩羅と同じだ。
ある欧州人のインターネットサイトにタイ料理があった。
その中で見たインゲンの揚物の写真は日本の天麩羅にそっくり
だった。
「でも天麩羅はタイ人の好みじゃないわ。中国人は天麩羅を食べる
わよ」俺はやはりそうかと、納得した。


TREview

2008/9/19

|

« 四角豆 | トップページ | 葉唐辛子の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/23849435

この記事へのトラックバック一覧です: タイ料理とポルトガルの影響:

« 四角豆 | トップページ | 葉唐辛子の炒め物 »