« タイ料理のにおい | トップページ | 生唐辛子を買う »

2008年10月23日 (木)

飯の炊き方、タイと日本

今の日本の普通の家庭で飯を炊くのにへっつい(竃)と釜を使って
いる家はまずない。まず「へっつい」なんて言葉が死語になっている。
何処の家でも電気釜で飯を炊いていると思う。
容器に米粒を入れたら、所定の位置まで水を入れる。
あとはスイッチをぽんと押せば飯が出来上がる。

俺は男だから釜で飯を炊いたことはないが、女どもの飯の炊き方を
見ていた。釜に生米を入れる。釜に水を入れると、女は釜の中に
手を突っ込む。釜の米粒の上で手を広げる。
水が掌を隠すほど入っていれば丁度良い水の量だったと思う。
この記憶が正確かどうかは横に置いておこう。
飯を炊くとき、日本人は手を使って水分量を測っていたという事実
に注目しよう。

日本もタイも正式にはメートル法を使っているが、まだ坪、間、升
など尺貫法もなんとなく使われている。タイの場合は日本よりも 
もっとおおっぴらに尺貫法が使われている。
尺貫法の単位に、オンクリという聞きなれない単位がタイにある
ことを知った。これは長さの単位で人差し指の先端から第一関節
までの長さだ。この長さは飯を炊く時に使う。
容器に米を入れる。人差し指を米の上に立てる。
水が第一関節まで上ってくると1オンクリだ。
タイの米の場合、1オンクリの水でちょうどよいのかな?
飯を炊く場合、日本人もタイ人も手を使って水量を測ることを知って
俺はニヤリとした。

オンクリという単位は仏典の中にでてくる悪党オンクリマンの話
から来ているそうだ。オンクリマンは千人の人を殺さなければ悟りを
得られないと騙された。彼は悪人だけを殺し、殺した人の右手の指
を切り取って首に吊り下げていた。
仏陀に出会ったオンクリマンは僧侶になったというお話だ。

タイでも電気釜が普及しているので、俺は飯を炊く時に釜に指を
突っ込んでいるのを見たことがない。釜には目印の線があるはず
だが、それを使わないで彼等は指を突っ込んで1オンクリだから
丁度良いなんてやっていたら、微笑ましいと思うな。

2008/10/23

TREview

|

« タイ料理のにおい | トップページ | 生唐辛子を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24691580

この記事へのトラックバック一覧です: 飯の炊き方、タイと日本:

« タイ料理のにおい | トップページ | 生唐辛子を買う »