« 秋刀魚の塩焼と唐辛子 | トップページ | 鶏の足をタイ料理に »

2008年10月 5日 (日)

牡蠣と唐辛子

牡蠣というのは寒い地域で育つのだと思っていた。
何処で取れるのか知らないが、タイにも牡蠣はある。
牡蠣はタイでも高級品と考えられている。
昔は流通システムが出来上がっていないので、タイの内陸部では
牡蠣を食べられなかった。今は内陸部でも牡蠣を食べられる。
牡蠣をだす料理屋がタイの内陸部にもある。

P1060640pct13

牡蠣を買って来た。グリルに牡蠣を入れてちょっとだけ焼く。
焼き上がった牡蠣を開いてレモンの汁とナムプリックと一緒に
食べる。なんにでも唐辛子を使うのがタイ人だ。日本人が見たら
「唐辛子をいれたなら、牡蠣の繊細な味がわからなくなる」と考える。
少々の唐辛子があっても日本人の舌は痺れて麻痺してしまう。
餓鬼の頃から辛い物を食べているタイ人の味覚は唐辛子では
変化しない。極端な話だが、唐辛子の刺激がないと食事ではない
と考える。唐辛子と一緒に牡蠣を食べるのが、正しい牡蠣の
食べ方とタイ人は考える。
牡蠣が好きな人にはあの特有なにおいが良い香りだ。
あのにおいを生臭いと違和感を持つ人もいる。
唐辛子があると生臭みを感じさせない。
試してみます?


TREview

2008/10/4

|

« 秋刀魚の塩焼と唐辛子 | トップページ | 鶏の足をタイ料理に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24274271

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣と唐辛子:

« 秋刀魚の塩焼と唐辛子 | トップページ | 鶏の足をタイ料理に »