« トムヤンビーフン | トップページ | 牡蠣と唐辛子 »

2008年10月 4日 (土)

秋刀魚の塩焼と唐辛子

P1060625pct13

先日は秋刀魚が安かったので、「秋刀魚を買おうか?」と言った。
ヌチャナートが「要らない」と言うので、秋刀魚を買わなかった。
それなのに、今日はヌチャナートが秋刀魚を買ってきた。
「どうしたの?」
「急に食べたくなったのよ」
「・・・・」
「これに塩を沢山かけて、焼くのよ」
「・・・・」
「皮を剥いて、食べるのよ。美味しいわよ」
想像しているだけで、美味しそうな顔をしている。

秋刀魚は秋の味覚だ。秋刀魚なしで日本の秋を語れない。
苦味のある、秋刀魚のワタが旨いと魚好きな人は言う。
ヌチャナートも例外ではない。
「あの苦いワタが美味しいのよね」
俺にはワタは黒くてどろどろして気持ちが悪い部分なのだが、
あそこが美味しいという。
皮を剥いて白い身の部分を食べる。
黒いワタの部分はヌチャナートの皿に乗せる。
喜んでワタを食べるヌチャナートを不思議に思いながら見ている。

焼いた秋刀魚にはレモンとかすだちの汁をかけて食べるのが日本人
だ。油の乗った秋刀魚に酸味が加わると味がしまってくる。
秋刀魚の身をとると、俺は唐辛子のペーストを乗せて食べる。
このタイ式の食べ方も旨い。
写真を見るとなんだかキムチのように見えるのが唐辛子ペーストだ。
唐辛子ペーストは辛いが強い香草の香りがあって、それだけでも
飯のおかずになる。それに秋刀魚が加わるから嬉しさ倍増だ。


TREview

2008/10/3

|

« トムヤンビーフン | トップページ | 牡蠣と唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24246124

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚の塩焼と唐辛子:

» タイのお土産にもらったナシゴレンのもと [海外旅行とお土産]
タイ似旅行に行った会社の女の子からナシゴレンのもとをお土産にもらった。アジア系の食べ物は好きなんです。好きなんですけど… [続きを読む]

受信: 2008年10月 4日 (土) 10時27分

« トムヤンビーフン | トップページ | 牡蠣と唐辛子 »