« タイの田舎料理 | トップページ | 春菊の野菜炒めと煙草の煙 »

2008年10月17日 (金)

鶏ガラだか鴨ガラの料理

表示は「国産鶏ガラ」となっているのだが、ヌチャナートは「鴨ガラ」
だと言い切っている。自信をもって ひと目で言い切った。
ヌチャナートの確信をもった言葉を聴くと、鶏ガラではなくて鴨ガラ
ではないかと俺も思ってしまう。
日本では冷凍にしてスーパーで売れるほど、鴨ガラは出ないと思う。
中国から鴨ガラを輸入して「国産鶏ガラ」と称して売っているのでは
ないかとつい疑いたくなる。毒餃子事件に始まり、残留農薬やら
メラミン混入など最近、中国からの輸入食品に問題が多
い。
輸入品を国産と偽る商法も問題になったな。
消費者の目が厳しくなっているから、鴨ガラを鶏ガラと称して売って
いれば、この業者は大きな痛
手を蒙ることになる。
嘘つき食品かどうかは、俺の関心外だ。
俺の関心はこれでどんな料理ができるかだ。

P1060736pct13

俺が鶏ガラを買ったのは、タイで食った鶏ガラの唐揚が食いたく
なったからだ。
「これは鴨ガラだから、美味しくないわよ!」
そう言ってヌチャナートは料理を作ってくれなかった。
食べないで冷蔵庫に入れておいてもどうしようもない。
買った食べ物を捨てるわけにもいかない。
今日は自称鶏ガラを使って、こんな料理を作ってくれた。
鶏ガラだか鴨ガラだかわからないが、出汁はでる。
スープの味に問題はない。問題がないというより旨い。
ガラの周辺に小さな肉がついている。
バカにするけど、ガラにはかなり沢山の肉がついている。
唐辛子や香草で味がついているから、この肉も旨いんだよ。
その肉を食べる。コリコリした軟骨部分も食べる。

ダイエット中の人が、ガラについた肉を食べるのは物凄く大きな
利点がある。食べにくいから、食べるのに時間がかかる。
時間をかけて食べると少量で満腹感がでてくる。
結果としてダイエットになる利点だ。

俺達は鴨肉を余り食べないから、鴨肉と鶏肉の区別ができない。
鶏肉ならガラの周辺の肉は白いはずなのに、この肉は赤いし、
鶏肉よりも硬い。うーん、やっぱり鴨ガラみたいだな。
苦瓜の葉も入っている。その苦味とガラから出た油の味があう。
苦瓜は味を良くするだけではなく、葉の緑が料理の見栄えも良く
している。

これを食いながら、タイの肉食文化を考えた。
肉食文化が長い国では、可食部分は全て食べる。
日本人もガラや内臓をもっと食べなくてはいけない。
宗教的に言えば、人間の為に命をくれた動物への感謝でもある。
経済的に言えば、無駄をなくし、食糧自給率を向上させることにも
なる。

2008/10/17


TREview

|

« タイの田舎料理 | トップページ | 春菊の野菜炒めと煙草の煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24558266

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏ガラだか鴨ガラの料理:

« タイの田舎料理 | トップページ | 春菊の野菜炒めと煙草の煙 »