« 鶏の足をタイ料理に | トップページ | 田螺とエスカルゴ »

2008年10月 5日 (日)

漬物とタイ人

P1060633pct13

日本の漬物を売っていた。
それを見て急にヌチャナートが漬物を買おうと言い出した。
自分が食べるのではなくて、俺が食べたがっているのではないかと
考えたようだ。俺は別に漬物を食べたいとは思っていない。
「ねぇー、どれにする?」
俺は胡瓜と沢庵を選んだ。

胡瓜の漬物をヌチャナートは自分でも作ることがある。
作り方は簡単だし、タイには胡瓜の漬物はないので面白がっている。
タイの胡瓜で漬物を作って、タイの人々に試食させると言っている。
この胡瓜の漬物に対しては、大きな反応がなかった。
似たようなものを以前にも食べているので、目新しくなかったのだろう。

大根のたまり漬けを摘んで「これは美味しい」と驚いていた。
こんな味を好まないと思っていたから、俺にはちょっと意外だった。
味の好みというのはどのようにして決まるのかわからない。
長い間、食べていることで好きになるものもある。
このように初めて食べたものでも一発で好きになってしまうものもある。

沢庵と思ったものを摘んでからヌチャナートが驚いたように言う。
「あら、この野菜には火があるわ」
そのような事を早口なタイ語で言った。
漬物に火とはなんだろう?なんのことだかわからない。
沢庵を食べると煙のような臭いがする。
秋田だったかな?大根に煙をあててから漬物にする習慣があるの
を思い出した。これは煙でいぶした大根の漬物なのかもしれないな?
煙のにおいをヌチャナートは火と言ったようだ。

日本には多彩な漬物がある。
その一部をタイ人が食べる。タイ人の反応を見ることができて面白かった。


TREview

2008/10/4

|

« 鶏の足をタイ料理に | トップページ | 田螺とエスカルゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24274659

この記事へのトラックバック一覧です: 漬物とタイ人:

« 鶏の足をタイ料理に | トップページ | 田螺とエスカルゴ »